濡れると素肌に密着するビキニ ! パタゴニアの「ウィメンズ・ナノグリップ」


” target=”_blank”>
パタゴニアの水着の中でもっともズレにくい機能的なビキニ「ナノグリップ」から、新しいスタイルの「ウィメンズ・ナノグリップ・トライアングル・トップ」が新発売。サーファーのためのビキニは増えてきましたが、濡れると素肌に密着するビキニ、これは試してみたいですね。

「ナノグリップ」は、濡れると素肌に密着し、激しいスポーツでもぴったりとフィット、ズレにくい水着として2016年に登場。2017年新製品の” target=”_blank”>「ウィメンズ・ナノグリップ・トライアングル・トップ」は従来のナノグリップ製品に比べ、コンパクトなバストにも高い密着度を実現。調節可能なクロスバックのストラップにより、すぐれたフィット感も。素材には、リサイクル・ポリエステルとリサイクル・ナイロンを使用し、縫製はフェアトレード認証済みの工場で行われています。今シーズンはナノグリップ・コレクションを含む、スイムウェア全製品がフェアトレード製品です。



■フェアトレード・サーティファイド
今シーズン、 ボード・ショーツとビキニ製品のすべてがフェアトレード認証済みの工場で作られ、労働者が生活水準の改善のために使うことのできる賞与をパタゴニアが労働者に直接支払います。お客様がフェアトレード・サーティファイド製品を購入するとき、その売上の一部が直接、その製品を縫製した人たちの手に渡ります。パタゴニアがフェアトレード・イニシアチブを開始した 2014 年はわずか10 製品でしたが、いまでは284 製品に増えました。プログラムは拡大しつづけ、現在までに7,000人以上の労働者がフェアトレードの恩恵を受けています。



「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」をミッションとし、環境保護活動をおこなう何百もの団体に毎年売上の1%以上の寄付を行っており、これまでに8,200万ドル以上を助成金や製品寄付として提供。

1993年にペットボトルからリサイクル・ポリエステルを製造しはじめたパタゴニアは、ゴミをフリースに変身させた最初のアウトドア衣料会社。1996年には綿製品に使用する全てのコットンをオーガニックコットンに切り替え、2014年には強制給餌やライブ・プラッキング(生きたまま羽毛採取)を行われた鳥によるものではないことが追跡可能なトレーサブル・ダウンを全てのダウン製品に使用。さらに、2016年には再販売不可能なリサイクル・ダウン製品や、石油由来のネオプレンを使用しない天然ラバーのユーレックス製ウェットスーツを発表。
2017年は、世界中のサーフィンと衣料業界に変革をもたらす新しい手段のひとつとして、コレクションの全てがフェアトレード認証済みの工場で縫製されたスイムウェアのコレクションを発表。

■お客様お問い合わせ先
パタゴニア日本支社 カスタマーサービス (受付時間:月~日 9:00~17:00)
フリーコール:0800-8887-447 (通話料無料)
IP 電話サービス/携帯電話専用:045-435-6100 (通話料有料)
所在地:神奈川県横浜市戸塚区川上町 91-1 BELISTA タワー東戸塚 4 階
公式ウェブサイト: http://www.patagonia.jp