Mushroom Jazz2-VA by Mark Farina



アルバムタイトル:Mushroom Jazz2
アーティスト名:VA by Mark Farina
基本情報:Om Records (1998)

Track List
01. Euphonic – Then You Came (Feat. Kevin Yost)
02. Andy Caldwell vs. Darkhorse – Sandworms
03. Tony D – Piano Grand
04. Jaywalkers – That Time Of Day (Again)
05. Big Muff – Poppy’s Songs
06. Deadbeats – Made In The Shade
07. Spacehopper – Cutee
08. Cooly’s Hot Box – Make Me Happy (DJ Spinna Original Mix)
09. Naked Music NYC – If I Fall (Jays Urban Dub)
10. Mr. Scruff & Mark Rae – How Sweet It Is
11. L-Fudge – Liquid (Instramental)
12. Miguel Migs – Sunday Night
13. Smoke No Bones – Lyrics And Vibes
14. Pépé Bradock – Un Pepe Dans La Dentelle

レビュー
シカゴ出身、サンフランシスコ拠点に活動しているDJ Mark Farina。Mushroom Jazzは1992年に始まった伝説のパーティがコンセプトになっているミックスアルバム。完全にジャケ買いでした。以来私のルールの中に、表紙がきのこなアルバムにハズシなし!というのが出来上がりました。

シリーズで、今どこまで出てるんだろう?でも、わたしはこの2が好きなのです。絶対これが一番良い。Mushroom Jazzというだけあって、Hip Hopからソウル、ハウスがMark独特の、超怪しげでありながら、ありえないほどスタイリッシュでジャジーなミックスで仕上げられてます。聴いてる空間が一気に怪しくスタイリッシュな雰囲気になります。仕事中にかけてると勝手に体が縦揺れ・・・。

このアルバムの元ネタになってるアルバムも買いあさりましたが、おー!この曲があんなことになってたんだ!って感じで、Markの天才っぷりを思い知らされました。こちらでご紹介してるトラック#8Cooley’s Hot Box Make me Happyも元ネタを聴くと衝撃のミックスっぷり。っていうか、まじかっこいー!!
[iframe src=”http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=fc2com0fb-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B00000DCT9″ style=”width:120px;height:240px;” scrolling=”no” marginwidth=”0″ marginheight=”0″ frameborder=”0″] [iframe width=”480″ height=”390″ src=”http://www.youtube.com/embed/OxYLERZjNbs”]


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。