One Night in theBorough / 6th borough project


アルバムタイトル:One Night in theBoroughアーティスト:6th borough project
レーベル:Delusions of Grandeur(UK 2011)

Track List
1. intro
2. let yourself go (live mix)
3. if the feeling’s right?
4. b.u.r.t. (the journey)
5. find a way
6. back to me
7. sometimes the fool
8. endless night
9. iznae
10. deep c
11. changin’
12. b.u.r.t. (inside)
13. string-a-lude
14. settle

レビュー
いい加減クラブで遊んだりするのをやめてから、ハウスとかあんまり聞かなくなったんですけど、たまに聞きたくなることもあったりしまして。こちら、たまたまみつけたら、たまたまとてもツボでした。6th Borough Projectというユニットのデビューアルバムなんですけど、ん~。怪しくてかっこいー!この、夜も完全に2時3時な雰囲気が、久しぶりにドキドキしました。極ミニマルなテック/ディープハウス。ディープなオルガンサウンドとか、繰り返すスキャット、にちゃんとクラシックディスコを織り交ぜて。とにかく、なんだか懐かしいニオイがするのです。キライじゃないよ。かなり好き。なんか、聞いてるとあのフロアに流れ出てくるスモークの怪しい香りがしてきそうなアルバム。わかるかしら。出来れば、ビーチで一晩中これで踊り狂いたい感じ。出来ればね。出来ないけど。12時過ぎたら眠くなっちゃうから・・・。


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。