Pavilion Surf Shop (パビリオンサーフショップ・四国)


Pavilion Surf Shop (パビリオンサーフショップ)

26歳カリスマプロサーファーそして実業家が作るお店
お店の名前となっているパビリオンはハワイ・マウイ島ノースのポイント名で間屋口 香プロがサーフィンを始めた思い出の場所。そこは、さまざまな人種や子供から大人まで仲良く波をシェアして楽しんでいるポイントでした。このサーフポイントのように、色々な立場の人が自由に集まり、お客様同士も出会い、交流を深めれる場になればと思い、お店にパビリオンという名前をつけています。美しい四国の海でのスクールが大変好評です。女性の方お1人でも、全国から旅行で遊びに来られる方もたくさんいらっしゃいます。間屋口プロをはじめ、スタッフ一同お待ちしておりますのでぜひ遊びにきてください。


Pavilion Surf Shop (パビリオンサーフショップ)

 

ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。