【Album Review】Everything But The Girl


アルバムタイトル:Everything But The Girl
アーティスト:Everything But The Girl
レーベル:Sire / London/Rhino 1995


 

Track List
1. Each And Everyone
2. Tender Blue
3. Another Bridge
4. Frost And Fire
5. Fascination
6. Crabwalk
7. Never Could Have Been Worse
8. Laugh You Out The House
9. Mine
10. Easy As Sin
11. Native Land
12. Riverbed Dry
レビュー
Everything But The Girlはイギリス出身のトレーシー・ソーンとベン・ワットの二人組で、デビュー当初は超アコースティックだったのに、突然超クラブミュージック路線を攻めだし、ベンワットはディープハウスシーンの最重要DJにまで上り詰めます。こちらは、デビュー当初のゆるいアコースティックサウンドが心地よいアルバム。ハウスミュージックに傾倒した頃からのEBTGしか知らない人にはかなりびっくりなアコースティックっぷり。トレーシーのスモーキーな歌声がとにかく印象的。ジャジーでキャッチ―なメロディが何度聞いても飽きません。お休み前にぴったりの一枚。心地よい!

 

Everything But The Girl- Each and every one
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=J5UbSQQU9Ic[/youtube]