【Album Review】Especanza Spalding / Radio Music Society


アルバムタイトル:FRadio Music Society
アーティスト:Especanza Spalding
レーベル:Telarc 2012

 

Track List
1. Radio Song
2. Cinnamon Tree
3. Crowned & Kissed
4. Land Of The Free
5. Black Gold
6. I Can’t Help It
7. Hold On Me
8. Vague Suspicions
9. Endangered Species
10. Let Her
11. City Of Roses
12. Smile Like That

レビュー
エスペランサの最新アルバム。一言で言うなれば、GROOVY!なんですが、全体的なプロダクションが、何と言うか、ノスタルジックな感じで、耳にとても心地の良いジャズです。ジャズって言っても、もはやジャズじゃない。ジャズって言われただけでアレルギー反応を起こすような人にこそ聞いてほしいアルバム。ジャズってホントに幅広いんですよ。Grooveです。Groove。ソウルフルでグルーヴィーでジャジー。思わず体がゆらゆらと揺れ出す音楽です。やっぱりおすすめの一曲はシングルカットされたBlack Goldでしょうか。一曲目のRadio Songもいいし、City of Rosesもいい。エスペランサの心地よい歌声がたまりません。まあ何でも良いからとりあえずいったん下のビデオを再生してみて。

Especanza Spalding- Black Gold
[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=Nppb01xhfe0[/youtube]


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。