【9th Wave Gallery】Shannon O’connell



【Beach Press × 9th Wave Gallery】

ハワイノースショアを拠点に活動する9th Wave Galleryは2011年3月9日にスタート、ハワイの美しい自然をテーマにした鮮やかなアートからシュールレアリズムまで様々なアーティストやフォトグラファーが所属しています。Beach PressのスペシャルフィーチャーとしてBeach Galleryにて9th Wave Galleryに所属するアーティストの作品を紹介していきます。
http://www.9thwavegallery.com/

 

【9th Wave Gallery Artist】Shannon O’connell
1981年生まれ。ラグナビーチ出身、オアフ島エバビーチ在住。2000年、弱冠18歳で単身ハワイへ移住、マカハへ居を構えた彼女はそこで出会ったサーフィンによって自身の アートが完成したと語っている。 最も最近では、2012年女子パイプラインプロサーフィンコンテストの公式ポスターに起用され、更にワイランドギャラ リーのフィーチャーアーティストとしても活躍。次世代サーフアーティストとして注目を浴びている。ブラックライトで光アートやスワロフスキーをちりばめたものなど、様々なスタイルを試している。ハワイのお守りTIKIがひっそりとそれぞれの絵に隠れているのを探すのも楽しい。

【Shannon O’Connell Gallery】


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。