日本語版創刊に寄せて 発行人スティーブ・ペズマン



Outdoor Japan Media
〒253-0041神奈川県茅ケ崎市茅ケ崎一丁目5-1ヴィラロータス101
Tel: (0467) 81-3212
Fax: (0467) 81-3213
http://www.surfersjournal.jp/
定期購読のお申し込みは。こちら

More About The Surfers Journal
日本語版創刊に寄せて 発行人スティーブ・ペズマン

ここ数年間、ザ・サーファーズ・ジャーナル(以下TSJ)日本語版創刊は、私と妻デビーの大きな目標になっていました。単にビジネスを拡大するという意味だけではありません。波に乗るという行為を芸術的に考察するという私たちTSJ独自の視点が、日本のサーファーたちにも十分に受け入れて頂けるであろうという確信に裏づけられた目標でした。今や、アスリートとしての側面以上に、スピリチュアルな面からサーフィン体験を捉えるという考え方は、多くの日本のサーファーたちにも充分に浸透してきていると私は感じています。TSJは、長い人生の中で純粋にサーフィンを続けるサーファーたちのために、読者の立場に立って精神性と知性を探求してきた雑誌です。ここ数年、私は、このような方針を持つTSJを出版できる状況に日本のマーケットがあるのか否かを、日本のサーフィン界の友人たちに訊ねてきました。しかしいつも答えは「ノー!」。曰く「日本のサーファーたちはまだ若すぎる!」という意見が大半でした。その多勢の意見とは逆に、米サーファー誌の創始者ジョン・セバーソンは、「サーファーたち(読者)のインテリジェンスを絶対に甘く見てはいけない」と私にアドバイスしてくれていました。「教育があり経験があるサーファーたちに、まずメッセージを送る事、そうすればいずれそこに到達していない人たちもメッセージを理解し更なる高みに上れるはずだ」と。

サーフィン・コミュニティでは波に乗るという行為ひとつにも、さまざまな個々のセンス、さまざまなアイデンティティ、そして連帯感が存在します。ある者にとっての遊びは、ある者にとっては崇高な精神的経験。また単なるエクササイズと考える者もいれば、自らの生きる道と位置づける者もいます。これほどさまざまな捉え方があるにも関わらず、私たちはサーファーというひとつの旗のもとに、他の人たちとは明らかに違う確かな存在感で定義されています。私たちTSJは、これまでそのサーファーの視点から数々の真実を紹介してきました。そしてさらにその数々の真実は、実はカリフォルニアのサーファーの眼と感性で捉えたサーフィン観なのだという事にも言及しない訳にはいきません。私たちは、国際的に活躍する卓越したライターや写真家、アーティストたちの経験が生んだ発想や数々の冒険を、独自の視点から紹介し続けてきたのです。

私たちは繊細かつエキセントリックなフィルターを通して、これからもTSJらしい活動を継続していこうと考えています。情熱的でシニカル、ユーモアに富み、時に自分たちをも笑い飛ばし、適度にスノッブで、歴史的かつ現代的という、おそらくはこれらの要素すべてか、それ以上のクオリティーを持って誌面を創造していきます。そんな私たちの望みは、私たちが編集するTSJの誌面を日本のサーファーたちに存分に楽しんで頂き、読者ひとりひとりに豊かな人生を送って頂く事なのです。