UV Naturalが効くわけ 有効成分含有量、UVCと本当のSPF値


本格的な紫外線対策がひつようなシーズンがやってきました。
日焼け止め対策は一年を通して、という方もおおいと聞きますが、
この時期、ちょっと気を抜くと、本当にがっつり日焼けしてしまいます。

original

さて、本日はもはやおなじみの日焼け止めUV Naturalがなぜそんなに効くのかについて。

UV Naturalは白くならないので、効いてるのかなんだか不安。
そんな方もいらっしゃるかもしれませんね。

でもUV Naturalはしっかり効くんです。

UV Naturalが効く理由

1. 酸化亜鉛(天然鉱物)の含有量がひじょうに多い
24.8%含有。通常8-15%のものが多い)

だからたくさん塗らなくても薄くしっかり伸ばせば効く。
(べたつきが気になる方のおおくは塗りすぎなことが多いです)

2. じつはSPF47.4
オーストラリアではSPFは30までしか表記できないので、
UV NaturalはSPF30+と表記されていますが、
メーカーの実験によると、じっさいのSPFは47.4、
さらに、2時間水の中に入ったあとでも30+のSPFを保持していました。

3. ブロード・スペクトラムでUVA UVB UVCまで防ぐ
日本ではUVBに対する防御はSPF、UVAにはPA++で表記しますが、
海外ではブロード・スペクトラムという表記で、UVA UVBを防ぐことを表示しています。
ブロードスペクトラムとは「広範囲の波長の紫外線を防止する」意味で、
UV Naturalはオゾン層の破壊によって地表に届きはじめているといわれる
UVCからもしっかり守ってくれます。
UVCは波長が極端に短く、重度のやけどのような症状をおこすといわれています。

オゾン層破壊が深刻なオーストラリア。
オーストラリアの夏の昼間の日差しは殺人的だと聞きます。
そんな国で、大人も子供もしっかり紫外線から守ることを
真剣に、ていねいに考えて作られたUV Natural。

まだ使ったことのない方はぜひ一度おためしください。

www.uvnaturaljapan.com

ディーラーリスト
http://uvnaturaljapan.com/stores/

UV+POP