1/22 NHKドキュメンタリー【地球イチバン】:世界一の波の街 もうひとつのハワイ「ノースショア」


ブランドショップが立ち並ぶワイキキの喧騒からたったの一時間。ノースショアでは、観光では感じることができない、まったく別の時間と空間が存在し、その中で命がけで波と向き合うサーファーたちの姿があります。NHKが現地フォトグラファーらと映像チームを編成し、取材したもうひとつのハワイ「ノースショア」。NHKのドキュメンタリー地球イチバンにて1/22に放送されます。

Timo-Hawaii-2014-2015-2014-789
PH:Timo Jarvinen

地球イチバン
世界一の波の街 もうひとつのハワイ「ノースショア」
【総合】1月22日(木)22:00-22:48

1942年。真珠湾攻撃の翌年。当時12歳だった、ホノルルのサーフィン少年ジョージ・ダウニングは、先輩たちに連れられて、初めてオアフ島北岸に足を伸ばす。

「ノースショア」
そこでは、オリンピック金メダリストのデューク・カハナモクやラッフィング・ジョンなど、数少ないウォーターマンが既に、サーフィンを始めていたそうだ。だが、こと6mを超えるような大波となると、誰も手を付けられなかった。前人未踏の大波がいくつもそびえていた。「乗りたい」ジョージは気持ちを抑えられなかった。

バルサ材、ファイバーグラス、フィン、さらには航空工学など、当時最先端のテクノロジーを駆使、世界初の大波専用サーフボードの開発に成功、華麗に大波を滑走してみせた。人間がひとつ限界を超えた瞬間だった。

ジョージの挑戦から70年。世界一の波の街となったノースショアを3人の視点;写真家Brian BielmannサーファーJohn J. FlorenceそしてライフガードTerry Ahueから見つめ、それぞれの波との対峙の仕方を描きます。

【ナビゲーター】役所広司
【旅人】田中幸(プロスノーボーダー)
http://www4.nhk.or.jp/ichiban/


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。