もっともおいしい(としか思えない)グリーンスムージーのレシピ


とにかくおいしいし、手軽にくだものや野菜を取れるということで、すっかりおなじみのスムージー。なかでも、ほうれん草や小松菜といった緑の葉っぱを入れるグリーンスムージーは人気ですネ。

ところが、わたしは個人的に、果物の中に、野菜を入れるというコンセプトがどうしても受け入れられず、グリーンスムージーは避けてきたのですが、ある日お店で飲んでみたら、意外や意外、葉っぱの味もしないしぜんぜんおいしいではないか。ということに気づき、以来すっかりグリーンスムージーは定番メニューになりました。

気に入った味に到達するまで、いろんなブレンドためしてみました。ベリー系は、きれいなグリーンにならないので、味としてはおいしいけど、見た目がよろしくないのでいまひとつ。柑橘系ですが、うちのブレンダーは3000円くらいのスーパーお手頃価格なもので、細かくブレンドできないのか、皮がゴソゴソ残って食感があまりよくないです。

で、ようやくたどり着いた鉄板ブレンドをご紹介します。

Beach Green Smoothie
500mlくらい出来ます。
小松菜 3-4束
りんご 半分(甘い赤りんごより、甘酸っぱい青りんご系がいい)
バナナ 1本
パイナップル 1/8本
レモン汁 1/4個分
チアシード 大さじ1
水(アーモンドミルクとか豆乳でも) 100㏄ちょっと

水分はお好みで増減して、大目に入れてゆるめにすればスムージーとして飲みものに、少な目にすると濃厚になるので、フルーツやナッツいっぱい乗せてグリーンスムージーボールにしたり。
33becaef2e33fba689009fc1138a996a

お店で頼むと勝手に砂糖やはちみつ投入されて、不自然に甘くなってたり、氷を大量投入されて、味が薄すぎて、もはやスムージーではなく、ただの氷の飲み物みたいになってたりすることもありますが、基本的に、混ぜにくさを改善するための水分以外は入れずに、とにかく素材のみの方が断然おいしい。混ざるなら水分はもはやいらないと思います。

ヘルシーなイメージのスムージーですが、一説によると、ブレンダーによって食物繊維が粉砕されてしまうため、フルーツをそのままの状態で食べるより、糖分の吸収が早くなってしまうそうです。が、まあ、おいしければ何でもいい!というわけで、ぜひお試しを。

BY Eri


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。