MargauxとFrankie Cihiのライブペイントセッション@GREENROOM FESTIVAL


1

毎年賑わいを見せているGREENROOM FESTIVALでのRVCAブース。今年はそんなブースにて、先日ご紹介した来日中のRVCAアーティストMargauxとFrankie Cihiがライブペイントセッションを行う予定。期間中に完成するブースをお楽しみに。

日程 : 2016年5月21日(土) 〜 5月 22日(日)
場所 : 横浜赤レンガ市区や外特設会場 (神奈川県横浜市中区新港1丁目1)
ブース : ART CONTAINERエリア
[イベントHP] http://greenroom.jp/
[instagram] https://www.instagram.com/greenroomfestival/
GR

(写真は昨年の様子)
2

3

4

【Margaux Arramon-Tucoo(マーゴ・アーハモン-テュコ)】
ビアリッツの海沿いの街でアーティストでもある母のスタジオにてキャンバスと大西洋の穏やかな波との間で育ったマーゴは早いうちからサーフィンとアートの相互共存関係に気が付いていた。サーフィンはアートを、アートはサーフィンを追いかける。それらは彼女の中で互いに結びつき、絵のようにサーフィンをし、サーフィンをするかのように絵を描くのでした。作品は美しさとスピリチュアルな融和を兼ね備え、常に偏在する人生のサイクルを象徴する作品も多い。また彼女のサーフィンスタイルは慌ただしい世相を忘れるような、女性的優雅さと上品さを体現している。彼女のブラシストロークにはまるで極小の花を表現するが如く、繊細な彼女の世界観を表現しています。現在24歳の旅人、サーファー、画家、明日の世代を創る人物であるともに古い文化に対しても大きな尊厳を抱く人物でもある。 

[HP] http://www.terasu.co/margaux-arramon-tucoo/   
[facebook] https://www.facebook.com/thefresharea
[Instagram]  https://www.instagram.com/margause


【RVCA(ルーカ)】
カリフォルニアに拠点を置き2000年にスタートしたRVCAは、若者を象徴しインスパイアするトレンドから逸脱したデザイン主義のライフスタイルブランドです。アメリカのワークウェアをルーツにファッション性を追求し、アクションスポーツの境界を越えて独自のブランドを確立してきました。“THE BALANCE OF OPPOSITES”というその世界観は、自然と人工、過去と現在、秩序と無秩序など、相反するものが共存するさまを象徴しています。「Artist Network Program(ANP)」などクリエイティブな感性を持った人々のサポートや数多くのコラボレーションも手がけています。  
[HP] https://jp.rvca.com/ 
[facebook] https://www.facebook.com/RVCAJapan
[Instagram]  http://instagram.com/rvcajapan