2019 JPBA Tour 第一戦 Niijima Pro





5月11日(土)~12日(日)の2日間に渡って行われたJPBA Niijima Pro

近年地形の安定している淡井浦海岸で行われました。

コンディションはうねり弱くロータイドにかけてなんとかインサイドよりで

ブレイクするコンディション。

ショアブレイクに上陸覚悟でリップアクションをかけていくstyle

プロ選手の皆さん、波の見極めにインサイドセクションの攻め込み

会場を引き付けるライディング、小波とは思えない迫力!見ごたえ凄かったです!

一日目の後半、選手の怪我により試合が中断してしまい、

二日目は朝の満潮から干潮のお昼頃までウェーティング続きでしたが、

二日間で無事ヒート消化できました!

パパさん子守しながら少し写真撮ってくれたのでアップします!

 

 

子供達沢山遊んでたなぁ。新島の子育ての環境に改めて感謝。

 

 

ビーチマーシャルスタッフの皆さん

二日間朝早くから本当にありがとうございました!

 

 

私は去年に続いてジャッジをやらせていただきました。

一日目は岩の上から。

 

二日目は波打ち際ぎりぎりまで前進した青空ジャッジブース

潮が飛んでくるのでサングラスがあっという間に真っ白け

ヒート毎にハンドタオルでサングラスを拭き拭き

上げてる時間は足元まで波が来ていたので万が一の為に裸足で
(クリーニング代出ないってことだったので 笑)

波内際でひたすら技のエンドセクションを確認するジャッジ

ひたすらプライオリティをチェックし判断する過酷なジャッジ

二日間のヒート中、食べたり飲んだりトイレ行ったり…

そんな気配が全くなかったヘッドジャッジ

ほぼずっと立ちっぱなしで海や選手の状況そしてジャッジ全員のスコアを常に把握し判断

ジャッジで意見が分かれた時は一人一人のジャッジを尊重しつつ、リプレイで映像チェックと見解を話し合う

選手しかやっていなかった時はジャッジがこんなにも真剣で責任あるってわからなかった

ジャッジのみなさん今年もお世話になりました!!

楽しくて仕方がなかった二日間。沢山勉強になりました!

ありがとうござました!!

 

DKファイナル

安定したラインに鋭いレールワークにスプレー

優勝はYukihisa Yamadaプロ

 

Womenクラスファイナル

優勝はNamika Yamashita

スピードのある鋭角な深いドライブターン、パワフルかつダイナミックな打点の高いエルロロ

吉富プロのコーチングの元、圧倒的な存在感を放ちプロ宣言

新島観光協会から新島ガラスのトロフィー授与

 

Mensクラス優勝はYoshitada Kondoプロ

ベテラン中のベテラン近藤プロ、波選びはもちろんの事

巧みなレールワークに波のパワーを最大限利用した熟練したアクションの連続

新島村村長から新島ガラスのトロフィー授与

 

Big Waverでパパさんと飲み仲間になった前山理事長お疲れ様です(≧▽≦)

無事に終えられてよかったです!お疲れ様でした!

 

 

新島来るたび連絡くださってありがとうございます♪

今回はJPBA沢山刺激もらえたかな?

 

子連れで試合フォローしているゆりちゃんとみやちゃん

沢山話せて、一緒にご飯食べれて、子供達もめちゃ仲良しになって心から楽しかった!

プロとして沢山の素晴らしいインスピレーションをありがとう!!!

二人とも大尊敬してます!!!これからも頑張って!!!

 

ジャッジの皆さんは帰ってしまったので運営の皆さんとお疲れ様会

マメちゃんも写真撮れなかったけどありがとうございました!

今年もお疲れ様でした!皆さんありがとうございました!!

 

Acco from Niijima

過去のblogはこちら





ABOUTこの記事をかいた人

佐藤acco晃子

6歳~18歳までは水泳選手として専らプール生活。ジュニアオリンピックにも出場。18才で初めて訪れた新島でボディボードに出会う。ボディボードがやりたい一心で島へ行く前日にボディボードセットを購入し20歳頃から新島で住み込みバイトをしながらボディボードの練習に励む。自己流ながらも2009年プロ資格取得。2010年ASP×JPBAコラボの大会Malibu Kamogawa Girls Festivalで優勝!2014年 までIBA(現在はAPB)World Tourをフォローしヨーロッパ、南米、他世界の試合を転戦。2013年南米ベネズエラで行われたIBA World tour Bodyboard Pro Festival Venezuela 最高ランクGSSシ リーズの大会で3位入賞、世界の表彰台に登る。その後コンペプロ引退し出産、一児の母となる。現在は島で子育て海生活を楽しみながらボディボード普及活動を行っており、第二の人生、目標に向かって邁進中。