感情と体に影響をあたえるチャクラのシステム初級編


人間の体には目には見えない7つのエネルギーセンター、チャクラというものがある、というのは聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?今回は、わたしたちの感情や体の健康と密接なつながりがあるとされる、そのチャクラについて初級編です。

チャクラとは古代インドのヨガから発祥した、人間の体の中にある回転するエネルギーの渦のこと。基本的には7つあるチャクラは体に垂直に並んでいて、特定の感情や体の部位の健康をつかさどるといわれています。チャクラという単語は、サンスクリット語で車輪、円を意味します。

過去の感情的トラウマやストレスによってその回転が乱されたり閉じてしまうと、それぞれのチャクラに関連する感情、身体的問題が出てくるので、具合の悪い場所とチャクラと照らし合わせると、かかえている感情的な問題が見えてくるきっかけになったりします。例えば、生殖器に何か問題があるならば、関連するチャクラは創造をつかさどる第二チャクラ。出産ももちろん創造のひとつになるのですが、自分が生きたい人生を生きていない、つまり、人生を「創造」できていことに起因する感情的な行き詰まりが見えてくるわけです

チャクラを開いて正常な回転をたもつには瞑想や運動が有効であると同時に、食べるもの、そしてネガティブな影響をあたえる思考パターンを変えることも重要となります。

とてもわかりやすくそれぞれのチャクラについてまとめたものをみつけたので日本語にしました。チャクラは物理的に存在しているわけではありませんが、このあたりにある、ということを意識したり、それぞれの色を思い浮かべるだけでそのチャクラによい影響をあたえるといわれています。

tumblr_mzkf35SU0J1t8r89zo1_1280 chakrasystem

ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。