アルコールがもたらす霊的な影響


飛行機でほぼ寝れなかったので、昨夜は11時ごろ寝て、起きたら10amでしたw ちょーよく寝たわ。寝て起きたら波あった。帰国2日目にしてとてもいい波頂いたわー。最後に乗ったバックサイドとか、ちょーーーーーいい波だったわ。ありゃ気持ちよかったねえ。板が調子よすぎるっていうのもあるわけよ。高波動ボード、ターンのキレがよすぎる。わたしのキレではなく、板のキレが超いいわ。

それにしてもひと月波がなかったらしいので、このタイミングで帰って来るとか、ほんとに持ってるとしかいいようがない。お久しぶりに会った友達も、「ほんといいタイミングで帰ってくるねえ」と言ってたけど、そうなのだ。最近のわたしはとにもかくにも、すべてのタイミングが天才的としかいいようがない。あまりにもタイミングの才能がよすぎて、これから一生タイミングがすべて解決してくれると確信してるわ。

ところで今日はまたお酒にかんするおもしろい記事をみつけたよ。オカルト視点からのアルコールについての見解だ。

ソース
THE SPIRITUAL CONSEQUENCES OF ALCOHOL CONSUMPTION
アルコールがもたらす霊的な影響
http://prepareforchange.net/2017/04/03/the-spiritual-consequences-of-alcohol-consumption/

まず、アルコールの語源。アルコールはアラビア語の “al-kuhl” が語源で、その意味は“BODY EATING SPIRIT”つまり、「体を食べる霊」なんだけど、アルコールの本質的な働きは、物質の本質を抽出することなんだそうです。だから、精油の抽出に使われたり、医療器具の滅菌に使われたりする。

つまり、アルコールを人間が大量摂取するとどうなるかというと、人間の本質である魂が抽出されちゃうんだってよ。魂が抽出されるとどうなるかってーと、その辺に浮遊してる低級な存在たちの影響を受けやすくなる。

わかりやすくいうならば、自分の本質的な部分が体から抜け出して、低レベルなエネルギー体が体を乗っ取るってえことだ。酒を飲んで正体不明になる人とか、人格変わる人とか、記憶喪失になったりとか、そんな経験酒好きならだれでもしたことがあると思うけど、この記事の著者いわく、それは体を乗っ取られてる証拠らしい。まあそういわれてみれば、納得いく話だ。「あの人お酒飲むと人格変わるよね。」とかいうけど、じっさい人格入れ替わってるってことだ。

泥酔シンデレラw


この記事の著者はいわゆる見える系の人らしいんだけど、ある日こんなビジョンを見させられたらしい。場所は人気のバー。いろんな人が楽しそうにお酒飲んでる中、ゴール(アラビアの伝説に出てくる餓鬼)がいっぱいいる。酒を大量摂取した人の体からは、かろうじて糸でつながって入るけど霊体が抜け出して、その空になった体に餓鬼が入っては、暴力振るったりレイプしたり、やりたい放題やってる。ってやつ。彼はじっさい酔っ払いの周りに低級なエネルギー体が集まってるのも見えるらし。

わたしにもかつて、とりあえず一杯目はテキーラ入りビールから。なんて時代もあったけど、あの頃とか完全に乗っ取られてたんだろうなw だいたいほぼ何も覚えてなかったもんね。醜態さらしては、「火星に里帰りしてたから覚えてないw」が常套句でございましたわ(笑。ひどいもんだが乗っ取られてたんだから仕方あるまい。いまさら弁解するけど、あれはあたしじゃなかったのだ。

最近里帰り全然してないわ。バリでも飲んだのは最後の晩餐でBINTANG一本だけだ。