最近一番もったいなさすぎる!!と思うこと


ヌーサに到着しました。日本はもうすぐ冬至、こちらは夏至を迎えます。そのあとすぐに満月。12/12くらいからじわじわキてるw こちらは昨日まで雨模様だったんだけど、雨降る=低氣圧=波がある!クリスマス、正月は一年の中で一番波がない時期らしんですけど、やっぱあたし持ってるわ〜。今年はとりあえずしばらく波がありそうな予報でございます。

そして昨日はNoosaといえば!のTea Treeポイントでサーフィンしてきました。この板で。

5’6″ 2 5/16″ 21″。ジャワ島で、謎のオーストラリア人がシェープしてるんだけど、サーフヨギ先生が、オーストラリアの友達に渡しておくれ。っつーのでバリから持ってきてあげたんだけど、とりあえず乗ってていいよ!っていうから、勝手に例のステッカー貼って、サーフヨギで開発中、衝撃的にきれいにツブツブができてまったく取れない、ヨレない100%ナチュラルワックス塗って乗ってきた。ワックスは年明けの展示会で紹介できるよう開発中です。わたしは厚さ2 5/16″がもっとも心地よい厚さなんだけど、知ってたの?

あまりにもバイブスがいい板で、いろんな人に「どこの板?」って聞かれました。そして、胸〜セット肩サイズのTea Treeにパドルアウトした瞬間、わたししか乗れない波が来ちゃったので乗せてもらったんだけど、波も板もやばーい。わたしにとっていい板って初めて乗った氣がしない板のことをいうんだけど、この板は何年も乗ってる氣分だったね。ちょっと水温ひんやりするね。オーストラリアは。


なんか、リトリート以来、たぶん私の中の周波数が変わってしまったようで、より一層周りのバイブスに敏感になった感がございます。いろいろめんどくさいです。バイブス合わない人といるとおそろしいほど疲れるし、食べ物もほんとに選んで食べないとすぐに体が反応するので、自分の口に放り込むものには細心の注意を払っております。

最近氣になってるのが、薬(西洋医学、対症療法の)を氣軽に取り入れる人がとても多いことです。
***先にゆうときますけど、わたしは西洋医学否定派ではありません。必要に応じて、体が必要とするあらゆる治療を取り入れればいい派です。命にかかわるのに薬を飲まないなら、それはバカげてるとおもっております。
***わたしが自分の体を使って実験した結果の感覚の話ですので、薬必要論とかいりませんから。ご自分の体でいろいろ実験なさってください。
***すべての症状は、物理的な毒だけでなく、感情的な毒が引き金となっていることをお忘れなく。

食べ物には氣を使ってるのに、薬は使うって人がわりと多いです。そこ全部つながってるんですけどー。飲み薬、貼り薬、塗り薬に関係なく、消化器官、皮膚を通して体に取り込むものは、すべて、血液さんや内臓さんが必死に処理しとりますが、やはり人工的なものは処理しきれず溜まっていきます。口から放り込んだものは消化器官がわりと頑張ってくれますが、とくに、皮膚から取り込んだものは溜まりやすい感があります。

近所のカフェのBuddah Bowl。野菜&ライスのシンプルなものなんだけど、めちゃめちゃおいしかった。ごはんはリゾット風で、人参も茹でてあるから食べやすいし、ドレッシングも絶妙でございますた。

風邪クラスの症状で薬飲む人が多いのにはほんとにびっくりします。わたし的には、
「も、も、もったいなーーーー!!!」
のひとことです。わたしは最後に薬を飲んだのが何年前だったかもはや覚えておりません。風邪なんて引いたらちょー喜びます。息してるだけで毒たまる世界ですので、定期的に解毒しないとやばいですから。

あらゆる風邪の症状は炎症です。炎症を起こすことによって不要なものをやっつけてるのです。喉痛い、鼻水出る、咳出る、熱出る、すべて、体が毒素を外に出すためのものです。それを、それはまあ多くの方が、薬で症状を抑えてらっしゃって、もったいないにもほどがある。出ようとしてたのに抑えられたものは溜まったままです。溜まった上にさらに毒生活で毒素が溜まりますので、次に体が頑張って毒素を排出しようとするときには症状がさらに重くなります。

薬で症状を抑えるのが普通になってしまってる方は、症状が出るたびに重くなっていくと思いますし、毎回薬の力を借りてると、自然治癒力が自らの力を発揮する方法忘れてしまってるので、一度風邪など引いたら長引くことが多いはずですし、同じ症状を何度も何度も繰り返されるんじゃないでしょうか

自然治癒力が機能している場合、ただの解毒モードなら数日放っておけば治ります。わたしは数年に一回インフルエンザみたいな症状が出ることがあります。全身の関節と筋肉がおそろしいほど痛くて、熱出て、頭かち割れそうに痛くて、鼻水でて、っていうこの謎のインフルはなんと1日で治ります。バリではお腹の掃除させられますが、これも数日で治りますし、どの症状も自然治癒力を使って治した後は、体調が信じがたいほどよくなります。症状が出る前より圧倒的に体が軽くなります。

ホメオパシーはやりますが、体が解毒モードの時は残念ながらほとんど効きません。出すべきものを出すまで治りませんので、とにかく放置するしかないです。薬を飲まないで治すと、体がどれほどバージョンアップするか知っているので、この氣もちよさを味わうために絶対に薬は飲みません。治ったあとがたのしみで仕方ないのです。

だから、薬飲んだり、塗ったり、貼ったりしてる人見ると、もったいなー。と思うのです。そりゃ、不快な症状をできるだけとっとと抑えてしまいたいのはわかりますけど、それ、抑えてるだけだからまた戻って来ますし。なんでやろー。なんでやろー。不思議でしかたないw もったいなーい。とりあえずわたしは絶好調だ。腰も痛くない。眼も痛くない。


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。