希望しかない選挙結果について!


ようやく台風のうねりが届いた週末のサーフィンのテーマソングは、吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」ですた。♪オラこんな村〜いやだ〜オラこんな村〜いやだ〜〜とーきょーへーーいーぐーだーーー♪って止まらねえ。まぢでやめてけろ。

さてと!!選挙終わりましたね。昨日急遽インスタライブでわたしのてきとーな総括させていただいたんですが、大事なことなのでブログにも書いとこうと思います。

わたくしは、もちろん山本太郎率いるれいわ新選組に入れさせていただき、開票速報はれいわのライブ配信を見ておりましたが、もうね、希望しかありませんでしたよ。今の政権に不満を抱いている方で、選挙結果をテレビで見ていた方は、自民公明圧勝にきっと落胆されたと思うし、わりとネガティブな氣持ちになったのではないかと思いますが、テレビを見ていないわたくしには喜びと希望しかございませんでした。テレビはそういうものなのです。何度も言ってますけど。ネガティブなエネルギーを発生させる装置でしかございません。

だからわたしはテレビを見ないのです。結果は変わりませんからネガティブになってしまうテレビを見ることにまったく意味はないんです。変えられるのは自分の反応だけなのです。そして、目の前で繰り広げられる現実にどのような感情エネルギーとともに反応するのか。これが今後の地球パラダイスの創造にもっとも重要なことなのです。テレビの報道を見て落胆したなら、それは支配者の思うツボですねん。

まず、山本太郎は落選しましたが、彼はそもそも当選するとはまったく思っていなかったと思います。れいわにはまちがいなく専門家のアドバイザーがいると思いますし、立ち上げたばかりの新党が比例区で3議席も獲得することはきっと不可能だという分析がされていたと思います。その上で、障害者候補2名をなんとしてでも当選させるということが彼らのまず最初の作戦です。

今回再び自民公明圧勝となりましたが、数字で見るとれいわがどれほどの快挙をなしとげたかがわかると思います。

数ヶ月で4億円寄付金。
れいわ新選組の総得票数224万票は新党の比例獲得票としては史上最高
新党が比例で二議席獲得は初
得票率は4.53%で政党要件2%を大幅に超えて晴れて政党となりました
山本太郎個人名での得票数は97万票、これは歴代候補者として史上最高得票
ASL患者が議員になったのは世界初。(障害者の議員は以前にもいました)

しかも、テレビ出演ほぼなし、SNSのみでの告知で、投票率は戦後ワースト2位の48.8%。この状況で上記の結果を残したのは快挙だと思います。太郎くんは落選しましたが、今後は政党の代表としてテレビの党首討論にも参加できますし、交付金ももらえるようになったので様々な活動が可能になりました。これもれいわの作戦のひとつだったと思います。

山本太郎は政権を取ることを本氣で狙っています。政権を取りたいと思わない政治家なんているんですか?と言ってましたね。政権を取って総理大臣になるためには衆議院議員にならなければならない。彼の本当の目的は衆議院選挙での当選で、今回の参議院選挙はれいわをできるかぎり浸透させることが最大の目的だったと思います。

選挙前にはテレビはれいわを一切取り上げませんでした。政治は大企業に買収されています。これをコーポラティズムと言います。大企業はテレビのスポンサーです。国=大企業=メディアです。国は今とにかく大企業優遇策をどんどん打ち出していますので、れいわみたいに企業優遇ではなく、弱者を助け、みんな平等に!なんていう政策を打ち出す政党はそりゃ、大企業がバックアップしてくれてるテレビが取り上げるわけもないのです。

ただ、投票後の選挙特番に生放送で太郎くんが出たことで、まずはれいわ新選組という政党があるということをはじめて知った有権者もたくさんいただろうし、今後は政党としてテレビに出てくることもあると思います。今回、ほぼインターネットの力のみでこの結果を残せたわけで、主要メディアで取り上げられるようになってさらに知名度が上がれば衆院選での当選の確率はひじょうに高くなると思います。

開票後の配信で、取材に来ていたメディアにれいわ候補者かひと言ずつメッセージを伝える場面があったんですが、LGBT候補のやすとみさんが言ってたのは、インターネットのおかげでに議席とれた。メディアの存在基盤が失われつつあることを認識してほしい。既存のシステムそのものが崩れ始めてることをメディアが認識して対応すべき。ということだったんですが、本当にその通りだと思います。なかなかおもしろいことになってきてると思いませんか?

わたしは去年バリ島でIndigo Seaのゆうこファミリーから太郎くんを紹介してもらいました。選挙後、どうしてもお礼を言いたくてラインでメッセージ送りました。どうしてもありがとうと伝えたくてメッセージしましたと。太郎くんからは、「これからもっとおもしろくなっていくので引き続きよろしく!波乗りも!」ってメッセージをいただきましたよ。

わたしはインターネットは宇宙からの贈り物だと思ってます。あらゆる情報が混在しているので、真実を見極める直観力も養われますし、真実の情報がたくさんあります。今、地球規模、宇宙規模で支配者に対する戦いが繰り広げられています。太郎くんのれいわと今の日本の政治は、この宇宙の戦いの縮図です。地球を楽園にするための戦いです。アメリカでは支配者側にいる人の中から現状に不満を持つ人たちの同盟ができており、彼らは内側から組織を破壊しようとしています。日本のメディアにも政治家にもきっとそんな人はたくさんいると思うし、それが日本でも起きると思っています。

先日のブログにも書きましたが、日本は地球のへそ。丹田です。腹に力が入ればしっかり立つことができるのです。今まで日本人はこの丹田に力が入らないようにされてきました。今こそ腹に力を入れて、本当の日本人の力を取り戻す時だとわたしは思っています。わたしたちが日本人として生まれて来たのには、それはそれは大きな意味がある。地球を動かすエネルギーを持ってると思ってます。

今何が起きているのか、ひとりでも多くの人に知ってもらうために、知っている人は情報拡散しなければなりません。インターネットはそれを可能にしてくれます。すごいねこの情報。って思ったら、そこでイイネ押して終わるんじゃなくて、発信しなきゃ意味がない。何も考えていなさそうに見えるあなたが情報発信することに意味があるんです。あれ、この人こんなこと言う人だっけ?って周りに思わせるのです。黙ってちゃ何も変わらない。まずは自分の周りからちょっとずつです。

わたしのリトリートはそのためのものでもあります。自分の心と生活をまず安定させなければこういうことに興味を持つ時間さえありませんから。だから、わたしは個人の幸せが最大重要事項だと考えています。自分をしあわせにすることは地球を救うことに直結します。そんなミッションを思い出してみたい男性&女性の参加をお待ちしてます!

Beach Press & Tamao の【サーフィンとヨガに恋するバリ島リトリート第三弾】お申し込み受付スタートです。

日程ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女性のみ:2019年10月11日(金)~10月16日(水)
男性のみ:2019年10月18日(金)~10月23日(水)
リトリート料金:152,000円(税抜き)
早割:10%オフ(8月20日締切)
お申し込み最終締め切り:9月10日
詳細はこちら
http://beach-press.go-naminori.com/?p=11222
お申し込みはこちら
http://www.tropicofparadise.com/?pid=124866765


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。