変わる意思のある人しか変われない


なんか暑さのピーク過ぎた??!暑いの嫌いなくせに、夏が終わりそうになると焦ってたけど、ま、冬は日本にほぼいないようにしてるのであんまり氣にならなくなったな。なんだったら暑すぎるのほんとやだ。日本の夏ってまぢ不快だわ。

最近よく降りてくるメッセージ。

変わる意思のある人しか変われない。

です。こんにチワワ。わたくし、内面の変化がもたらす現実の変化についてブログでいろいろ書いてるからか、たまに、「あの人なんとかしてあげたほうがいいんじゃね?」とかいう提案されたりするんですけど、ご本人に変化の意志がなければできることは200%でゼロです。

結局変化を起こせるのは自分だけなんで。他人が無理やり人を変えることはできません。そして、身近な他人を変えたければ自分を変えるのがもっとも手っ取り早いです。何か変えないとこのままじゃやばいとか、糞詰まり感があることを認識してはいるけど何をどう変えたらいいかわからない。って人はその方法さえ分かればすぐにシフトチェンジできます。

生きるの大変そうに見えてもその違和感を感じていない人や、変わりたいと言っていても潜在意識の中でじつは変わる意志がまったくない人もいまして、そういう方たちはなかなか手強いですね。変えてあげたいと思ったりすることもありますけど、そんな話をしたところでそういう方にはまったくホヨヨ??な話でしかないですし、本人の意識の本質的な部分が変化を求めないかぎり無理なのです。

人間は無意識に変化を嫌いますしんどくても現状維持のほうが簡単な場合の方が多いですから。今の自分を根本から変えるということは、物理的な現実、つまり仕事や人間関係、自分の体との向き合い方などすべてをごっそり変えることになりますので、無意識にそれを避けている人がほんとうに多いです。でもまあそういう人にも必要なタイミングで変化を求める時がやってきますし、今生でそのタイミングが来なければ、来世ですね。

そういう人にギアの入れ替え方法お伝えしてるのがリトリートです。ギアチェンジのやり方はいろいろあるけど、わたしは自分が実体験したことしか伝えられないですし、伝えた人で、地道に実践してる人は間違いなくいろんな変化が起きてると思います。やり方を知っただけで、実践しない人には何も起こりません。そんな人のほうが多いと思います。実生活のすべての瞬間に意識的でいるのは簡単ではないですから。今後、リトリートに参加していただいた方はそのあたりのフォローアップもしっかりしていきたいと思います。

さて、その10月のリトリートですが、ちょっと日程の変更があります。男性、女性と別々の日程で募集していましたが、男性の応募が少ないため、女性の日程で合同開催することになりました。これも宇宙の采配だと思ってます。地球は男性のエネルギーと女性のエネルギーの調和を必要としてますから。

◇日程◇
●男女合同5泊6日:2019年10月11日(金)~10月16日(水)リトリート料金:152,000円(税抜き)
***個別に日程の短縮なども可能です。
現状男性2名、女性3名まだお申し込みいただけます。お申し込みページに男女の在庫数が出ていますのでご確認ください。

9月2日(月)開催のプレイベントにお申し込みの方で、リトリートも参加される方は早期割引は終了いたしましたが10%割引となります。
↓↓↓リトリートプチ体験イベント詳細↓↓↓
http://beach-press.go-naminori.com/?p=11330

こちらのイベントもまだ募集していますので、サーフトレーニングとヨガ、そしてわたしの与太話聞きにぜひいらしてください。

//////////ただいま会員限定でIndigo Seaのサンプルセール中//////////
会員登録するとサンプルセール価格でご購入いただけます。
会員登録
https://members.shop-pro.jp/?mode=members_regi&shop_id=PA01052268

サンプルセール会場
http://www.tropicofparadise.com/?mode=grp&gid=1753289&sort=n


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。