ニュースの正しい読み方:嘘だらけらしいアマゾン火災報道


なんつー天氣だこれ。朝から土砂降りでねーか。前線やめてケロ!!
あ、今日午後3時から、インスタライブ with DJ堀内尚子やります。なおこ来湘中とのことで急遽開催。だいぶレアな顔出し生放送予定。テーマはお金です!

今日は、すばらしい良記事をみつけたのでご紹介したい。なんの記事かってーと、今世界で大ニュースになってるアマゾンの火災は毎年起きてる火災と変わりませんけど?って記事だ。

偽りに満ちていたアマゾン大火災報道 : 今年のアマゾンの森林火災は実際には平年以下の平凡なものであることが判明した上に、「気候変動のための扇動」に利用されていた可能性も

「かつて、アマゾンの火災がもっと悲惨な時もありましたが、誰も関心を持ちませんでした。それが、今年だけ世界中でヒステリーのような状況となっているのです」

ま、このIn Deepってサイト自体は誰が書いてるのかもよくわかんないんですが、記事内のグラフはForbesのものなので、ある程度(笑)信頼はできるかと思います。SNSの拡散力は今や大手メディアを凌駕するといっても過言ではなくて、ハッとさせられる記事は、思わず無意識にシェアしたくなるのもわかるんですが、わたしは直観が(およよ?)って思う記事はかならず裏を取ってからシェアするようにしてる。それでも間違ってることもある。だから、わたしのブログも100%疑いの目で読んでほしい。いやまじで。

メディアが狂ったように取り上げるニュースの裏にはかならず何らかの思惑がある。っていうか、そもそも主要メディアが取り上げるニュースなんて200%民衆の意識と感情を撹乱&消費活動を煽動するものでしかないですし。だから、今回のアマゾン火災のニュースにもどこかで違和感感じてた。

この記事にもあるように、わたしはこの過熱報道には二つの目的があると思った。ひとつはもちろんいつもの感情の撹乱ですよ。

マカロンがシェアした写真は20年前のもの。大統領がこのレベルだからもーどうしよーもねえ。

ひとつ目:無力感を与える

こういう終末的な現実と、個人個人の「罪悪感」や「原罪の感覚の共有」をリンクさせてはいけないと私は思います。

まさにその通りだと思う。ニュースの仕事はわたしたちに無力感を植えつけること。地球の環境破壊がおそろしいスピードで進んでいることは100%まちがいない。その上、アマゾン熱帯雨林という、あまりにも広大な場所で起きてしまった火災なんていうと、わたしごときにできることなんて何もないし、できることは鎮火するの傍観することくらい。そこに生まれるのは無力感以外のなにものでもない。

そして、
自然はそんな弱くないからきっといつか再生するんだ
と思ってみたり、
でも、アマゾンに住んでる原住民たちはこれからどうやって生きて行くんだろ
って悲しくなってみたり、とにかく感情を揺さぶられ、やつらの罠にすっかりハマってたw。繰り返しますけど、主流メディアの仕事は、わたしたちにネガティブな感情と無力感を抱かせることです。もちろんテレビ局で一生懸命働いてる人たちはそんなことしてるとは思ってないけど。本質的にそういうもんだってことです。

主流メディアをコントロールしている支配者層は、地球をネガティブなエネルギーでいっぱいにすることに必死です。そこには深い理由があります。ここでは述べられませんがw そして、無力感を与えることで、より支配しやすくなるのはお分かりいただけると思います。

ふたつ目:CO2削減を煽る

これはあたすの妄想ですが。地球の肺が焼き尽くされている!というセンセーショナルな報道がされれば、「ではさらにCO2排出を削減しなければならない」ってだれもが思うでしょう。思わねーか。あたしは思うと思うw

今、世界ではCO2排出削減という大義名分のもとに、国や企業間で大金が動いてます。
CO2排出量取引、復活の兆し クレジットへの需要 カギ
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO32065980R20C18A6X93000/

排出権という謎の取引もそうだし、化石燃料から電氣への移行もそうだ。なんでも電氣電氣ですやん最近。オール電化に電氣自動車とくれば、電氣の供給高めないとだめですから、電氣利権持ってる人たちが相当潤いませんかね。クリーンエネルギーをよそおって太陽光に原発に風力発電などの普及に必死です。

ま、わたしのリサーチ結果によると、今地球上にある発電テクノロジーなんてどれもうんこレベルでしかないんですが、もちろん支配者たちが、わたしたちに真のクリーンエネルギーを供給することは今の所ないですし、とにかく利権で動いてる人たちに煽られてるだけだと思ってます。

そもそも、「人為的」氣候変動は完全な詐欺ですから。氣候変動は真実です。わたしの調査によると、氣候変動は宇宙のサイクルがもたらすエネルギー的な問題が太陽活動に影響を与えてる結果起きてるものです。地球だけに起きているものではないです。太陽系全体が異常氣象を経験してますから。人間がCO2排出しすぎて氣候変動が起きてるなら、はるか彼方の水星や木星で異常氣象は観測されないはずです。あの、なんだっけ、グレタさんっていうスウェーデン人の女の子も完全に利用されてんなーと思いますわ。(***人間による環境破壊と人為的氣候変動は私の中でまったくの別物です)

この報道がCO2削減を煽ってる氣がするってーのもあたすの妄想でしかないですし、わたしの調査もうすっぺらいものなんで、アタスのこの妄想が完全なる妄想であること(つまり、氣候変動は100%人間が起こしてるということ)を証明できる情報があればぜひ教えていただきたいです。

エニウェイ、何がいいたいかっていうと、まあ相変わらず騙されてんなってことと、情報拡散するときは裏を取れ。ってことです。今回の火災報道にかんしても、わたしはどこか(ほよよ?)って感じるところがあったので、ちょっとすっきりしました。


ビキニ、レギンス、ラッシュガードなどセール始まりました!
あと、期間限定、会員限定でオーガニックコスメもセールしてます。
こちらも会員限定、Indigo Seaサンプルセールもまだ開催中です。
http://www.tropicofparadise.com


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。