あたすのニューボードで初めて波に乗ったトンボの話


レタスを千切りにしようと包丁入れて3回目。なんとイモムシ出てきた。2cm間隔くらいで切ってたのに、奇跡的にカットされずに出てきた。もう少しでイモムシギロチンだよ。危ないとこだったよ。とりあえず庭に捨ててあげた。


どーもこんぬつわ。オカルトプレス変酋長です。オカルトプレスなのに今日はサーフィンのことを書きたいと思います。ニューボード来ちゃったもんで!

昔、湘南に越してくる前、まさか湘南に引っ越すことになると思ってなかった頃のこと。わたしは出張で東京にいて、関西のともだちと茅ヶ崎で合流してサーフィンすることになったのです。ちょーしょぼくれた波だったんですけど、海と街が近くて、自転車サーファーがいっぱいいるのを見て、ここめちゃめちゃ住みたい!って思ったのを覚えてます。

しかし、どうにもこうにも波はしょぼかった。そこで茅ヶ崎在住者に聞きました。一年でめちゃめちゃいい波だったって思える日は何日くらいありますか?って。
「ん〜、3、4回かな。波ないよ湘南は。頭くらいのいい波にならないとやらない知り合いもいるわ」

えええーーー。3、4回て。一緒にいた友達が、
「ここはライフスタイルとしてはええけど、サーフィンとなるとな〜」
と言ってたのを覚えてます。

それからほんの数年。なんと、当時働いてた会社で東京転勤が決定しまして、え。そんなら波なさそうやけど自転車サーファーの街、湘南に引っ越そ!ってこちらに引っ越してかれこれ16〜7年くらいになるでしょうか。こんな居心地いい街ございません。それに、住んでみたら、まあ波はたしかにないですけど、言われるほどないわけではないし、いや、意外といいサイクルでサーフィンできるんですよ。仕事とサーフィンのバランスがほどよく取れます。

でもまあ基本小さいとパワーないですし、モモ腰とか言われるとほんとにやる氣がでないアタス。膝モモなんて99%やりませんねえ。たとえば2週間とかサーフィンしてなかったらモモ腰でもちょっくらやろうか。って思いますけど、多分皆さんの湘南のイメージより意外とサーフィンできるんで、腰くらいだと、仕事しよ。ってなることも多いんです。

しかし、腰サイズでサーフィンしとかないと、けっこうサーフィンできないのは事実でございます。そこで、モモ腰でもやる氣の出そうな板を作ることにしました。それがこちらでございます。

フラワーオブライフはブルー、サーフヨギのステッカーはスペシャルバージョン貼ってみた。SURFYOGISのステッカーかわいい。ロゴがかわいい。

このたびも、おなじみのThe Area 51に削っていただきました。店名がオカルト全開w ロングボードは個人的に保管&運搬面倒なので、短めだけどノーズまで行けそうなやつを作ってもらいました。6’8″ x 21″ x 2 3/8″です。わたしは分厚すぎる板があまり好きじゃないので、薄めです。

そして本日、台風のうねりが入って、波情報見たら”たまに頭”とか書いてあったから、残念ながらニューボードは留守番で、ショート持って行ったら。いや〜。どこもかしこもやる氣の出ねえ波ばっかでねーかw 一般人にはダンパーにしか見えない超高速チューブ、もしくはでっかいショアブレイクがほとんどなんだけど、チャリンコでうろついてたら、30分に一回くらい、沖でブレイクするなかなか良さそうな波を見つけた。あら。あの波ならニューボードデビュ〜できるかも!ってことで、板取りに帰った。

しかしまあ波がこねーでねーの。ほんとに30分に一回くらいしかブレイクしなさそーな雰囲氣でしたが、とりあえず出た。改めて、けっこー薄いねwと思いながらもパドルはとてもスムースだ。そして、みんな波が来ねえとぼやいてた。あたす、沖に到着。した瞬間セットが来たww え〜。やっぱあたすってツイてるわー!厚めのレフトでしたが、テイクオフもターンもそれはまあなんともスムースでねえの。こりゃもっと乗りたいど!

もっと乗りてえのに、波が来ねえ。周りのみなさんどんどん帰ってったが、あたすは暇人クラブ会長なのでとりあえず待った。すると、30分に一回のセットが、あれ?15分に一回くらい来るようになってきたんでねーの。しかもみんな帰っちゃって誰もいない。波来たら乗り放題フェスティバル。ま、わりと待つけど、待てばくる。

レールもかなり落としてあるので、相当薄い感満載なのに、ちゃんと浮力あるからテイクオフ早いしターンはスムースで、ちょ〜〜たのしーでねえの〜〜。ここのサーフボードはほんとに信頼してる。間違いがない。カスタムって、わりかし高いお金払って失敗だったらちょー残念だもんね。今回ので4本目?作ってもらってるけど、(あれ?ちょっとちがうんじゃね?)って思ったことが一回もありません。初めて乗る1本目から違和感ないボードが普通なのです。慣れる必要がないって最高。こりゃ秘密兵器手に入れてしまったね。

そして、そろそろ帰ろうかと思ってたら。沖の方からトンボが突進してきた。あたすの顔面めがけて飛んできた。そしてなんと、帽子に止まったww あたすの帽子の上でトンボ休憩しとる。帽子のつばからトンボのしっぽがずっと見えとる。一緒に波待ちした。そしてまたセットが来たので乗った。さすがにどっか飛んでっただろうと思ったら、まだ帽子に止まってたww トンボでサーフィンしたのあいつが初めてだろう。沖からセットがくるのが見えた。ドルフィンしたらトンボ溺れると思ったから追い払った。もう一度沖に戻って、もう一本だけ乗って帰ってきましたとさ。

いやー。あの板のための波としか思えなかったね。ほんと。お金使うならサーフボードと旅だわ。

超おすすめアイテム入荷しました。

awaia アンクルウォーマー
暑いのに足首だけちょっと冷えてることってありません?足首は脂肪が少ないので冷えやすい。なのに、足首周りには重要なツボがいっぱいある。足首は衝撃吸収の要。足首をいつも柔らかくなめらかに保つことは自律神経のバランスを整えたり、さまざまな効果があります。

足先とかかとが出ているので、夏でも暑くない。なんか、起きたら足首ガビガビなってることがたまにあるんですけど、寝てる間も暑くないからこれ履いて寝てます。冬は靴下の上から履いてもよさそうですね。首という首温めるといいって言いますからねえ。次は乳首ウォーマーほしい。


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。