承認欲求と自己顕示欲治療中w


しかしまあほんと、世界中フェイクニュースで溢れかえっておりますね。CO2温暖化説しかり、最近ではトランプ大統領のウクライナ疑惑も、でっちあげですねあれ。テレビ&新聞の影響力って心底すごいなあと感心します。猛烈に強力すぎる!!w テレビ、捨ててケロ〜。


昨日は近所の(おかしな)カイロに定期メンテナンス行ってきました。最近顕著に出てた仙骨の奥の方の違和感もだいぶ取れてきたんですが、ただいま股関節が絶賛ピキピキなもんで。わたくし、つね日ごろから、あらゆる不快な身体症状の原因のほとんどが、感情的エネルギーの流れがブロックされてることであると申しておりますが、ここの治療受けるとほんとにそうだってことが証明されるのでおもしろいです。

感情にしろ、肉体的症状にしろ、わたしはどんな微細な変化も見逃しません。ていうか、絶対的に見逃したくない。感情を手放す作業はかれこれ10年くらいやっていますが、この作業に終わりなどないことを何度も教えられます。自分で認識しているブロックを外すのは比較的簡単ですが、認識できない潜在的な滞りを見つけるのはなかなかにハイレベル。意識してる部分がクリアになってきて、もう手放すものはほぼないって思ってる人、まだまだ死ぬほどあるからw みんなあたしを敏感体質とか言うけど、あたすからすると、みんなが鈍感すぎるww 肉体と感情の微細な変化に氣づけるようになると、あらゆることが変化しておもしろい。の実験でしかない。あたすにとってこれわ。

潜在レベルでの思考や意識のこだわり、刷り込みを見つけるのはむずかしいとは言っても、認識できる部分を剥がしていくと、無意識な部分が表面化しだしますし、自分自身の感度も上がっていきますので、やる氣さえあれば、わずかな変化も見逃さないようになります。

先週の夕焼けさん

わたしの最近の最大の発見は、ちょっと前のブログで書いた制御欲求が激しいということだったんですが、カイロでこれに氣づいた経緯を話したところ、先生が、
「そんなに強くないけど承認欲求自己顕示欲が残ってそうですね。コントロールしたいっていうのはそこからやってきてるのかもしれないです。これやっときましょう」
って話になりまして、昨日からこちらのメンタルブロック外すプロセス入りました。自己顕示欲!!ありますねえ〜!先生なんでわかるのか、そこは謎w

こちらでこのメンタルエネルギーブロックの治療を始めると、ほぼ100%身体的症状になって表面化するので、いつもちょっとドキドキしますw もしくは、今まで出ていた症状に変化が現れて治っていきます。滞っているエネルギーは、氣づいて意識的にリリースしていかないかぎり、いつかかならず何らかの症状となって現れます。この治療で滞っていたエネルギーを意識の表層に持ってくることで、そのエネルギーが症状となって物質化する、そんな感じに受け止めてます。

自分で観察してリリースしていくこともできますが、この治療受けるとリリースが加速するので継続してやってもらってます。滞りを取り除くと、あらゆるものごとに対する抽象度が上がるので、感情のブレがどんどん少なくなりますし、意識のゴミが減っていくので、思考が現実化するスピードが格段に上がります。なんでもいいけど、最近行くたびせんせーとUFOの話ばっかしてる(笑)。

もうすぐバリ島でリトリートですが、わたしのレクチャーではこのエネルギーの滞りを自分でリリースする方法を教えてます。人間関係、経済状況、仕事、身体症状の変化が起きますし、自分が本当にやりたいことに向かうエネルギーを作り出すことができるようになります。今回のリトリートでもどんなことが起きるかとてもたのしみです。ところで、この度のリトリートからご近所辻堂の旅行会社、アイランズブルーさんに旅の諸手配お願いしました。バリに強い旅行会社ですので、バリ行き検討されてる方はぜひご相談を。

株式会社 アイランズブルー
http://www.islands-blue.com

クリアランスセールやってます。水着、レギンスなど40〜50%オフ。


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。