海のバイブスにやられそなって、変換したら波乗れました。


ひとまず、台風やばそうですが、最初の予報よりだいぶ勢力弱まってきましたね。曇って水なわけで、水は意識をもっとも受信しやすいので、台風がどんどん小さくなってるとこイメージしたらそうなります。わたし雲消せま寿司。とりあえず、念のための準備は万端にして、あとは雲消しの術で。まぢで。

チャングー食レポ(笑)、インスタでやってます。

とりあえずこちらバリ島、やはり毎日波もりだくさんですね。今日は小さいって聞いてるのに、頭オーバーありますけど。小さくて頭オーバーの世界。

いやーしかしほんとに波に乗るって、精神状態が重要すぎますね。よほどの僻地にトリップいかないかぎり、今時混雑してないポイントなんてあんまないですし、チャングーもそりゃ人いっぱいです。ポイントブレイクで20人はかなり混雑です。

そして、おひさしブリのリーフなもんで、あの素早い感覚になれるまで、まあショボいことやったりするわけですよ。この時点で自分のダメさ加減にイラついております。そして、周りの♂の外人たちは、基本的に譲るとかまったく考えてないので、一番奥、もしくは一番沖から行かないと乗れないですし、乗る波全部手前で誰かが漕いでるわけですよ。

いや、ま、何回もぶっ刺さってますから、そりゃ念のために手前で漕ぐのはわかりますよ。波もったいないですから。しかし、ぶっ刺さる原因の8割は、おめえらなんですけど?リーフのテイクオフってまぢで極限の集中力を要しますが、手前で漕がれると、一瞬で氣が散ります。手前のサーファーが行ってしまったら、それこそ危険ですし、そうなると、怪我したくないから、じゃーやめよ。ってなるわけですよ。すると奴らは、あいつ行かねーんだな。ってなるので、ますます手前で漕がれるの刑ww

完全悪循環ハマります。そして、ガッつく外人のガッつきバイブスを完全に受けてしまって、氣づけばアタスまでガッついてるではあーりませんか。くる波くる波、全部行こうとしてるアタス・・・w

サーフィンしながら今ここで書いたこと頭の中で処理しまして、途中で氣づいた。
(あれ。あたしって絶対自分しか乗れない波辛抱強く待つ人やん?なんで全部行こうとしてるんや?あかん。あいつらのバイブスと同じバイブスなってるやん。よし。仕切り直しや)
と、とりあえず、相当たまーーーーーーにしか来ないピークに一人移動しました。

メインのピークに波がくると、わたしの周りはだれもいなくなりますが、それでも虎視眈々と波を狙ってる外人♂は、わたしが待ってるピークに波がくると、超高速でこちらにやってくる。さっきまではそういうやつも完全に行こうとしてたけど、行くのやめた。完全に自分の波が来るまでいかねーぞこら。

基本レフトのポイントなんですが、たまに右行きがきます。今日はほとんどないのに、一人、上手なサーファーが右行き超ロングライドしてるのを見てた。そんで、なかなかアタスの波は来ない。でも絶対くるとわかっているので、とにかく一人ぽつねんと待ったら、やっぱ来た。どう考えてもあたすしか乗れない。よっしゃ〜。これで帰ろ。と漕ぎだしたら、先ほど右行ってた外人が戻ってきて、あたしよりディープなところでテイクオフの準備しようとしてた。目が合った。お願いだから乗らせてーーー!ってめっちゃ目で語ってみたら(笑)、

「行く??!いや、これはYouの波だ!行っておしまい〜〜!!」

って笑顔で譲ってくれた。やっぱサーフィンうまい人は行動がセレブだわ。おかげで誰にも邪魔されずフィニッシュできました。ビーチで見てた外人のおっさんが、「今のはいい波だったねえ。サイコー!!」
って笑顔で迎えてくれました(笑)。

終わりよければすべてよし、サーフィンは最後の波がほんとに肝心だ。わたし、基本1ラウンドで乗れる波の数は普通の人より圧倒的に少ないけど、いい波しか乗りたくないから満足度は高いわ。グッドウェーブライダーだわ。

というわけで、今夜からリトリートはじまります。リトリート前に、変なバイブスのままサーフィン終了しなくてよかったわ(笑)。


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。