改めまして、ホメオパシーの威力人体実験してみました


スラマシアーン。こんにちわ。リトリート終わってご報告さし上げたいところなんですが、ホメオパシーの威力をまたまた体験中で、改めてすげーなーと思ったので、先にホメオについて書きたいと思います。

リトリートも終了して、これからはとりあえず毎日サーフィンまみれ。昨日はいつものリーフはけっこうデカそうだったので、やさしめのポイント行きました。基本ロング向きなやさしい波なので、すんげーデカくなってもふつーにスクールとかして、わりと混雑してます。

昨日はたまにいきなりでか目なセットが入って来ます。カレントでわりとみなさん流されてくれるのでポジションキープして待ってれば、意外と誰にも邪魔されずに乗れる感じですた。わたしにしてはわりとたくさんいい波乗って、じゃ、そろそろ帰りましょーかって時に、セットの波が来まして、乗ったら目の前のサーファーと目が合ってしまいまして、転んで絡まり合った時に、ふくらはぎに彼のショートボードのノーズが刺さった。

レギンス履いてたし、切れてはいないし、大した衝撃ではなかったんですが、1分後くらいから恐ろしいほど痛くなってきまして、ビーチ上がったら歩けないほど痛いのです。びっこ引いて必死に帰って確認しましたら、青タンないけどふくらはぎパンパン、打撲のひどいやつのようです。

というわけでなにはともあれホメオパシーですよ。手持ちのホメオで、まずはアーニカ200Cっていうケガしたら速攻取るやつ食べて、あとは打撲にはリーダムなのですが、在庫切れ。どーしましょーってホメオパシー勉強中の知り合いに問い合わせたところ、神経までいってるだろうから、ハイペリカム30C(神経やっちまった時の怪我用)を1時間おきに3回、2回飲んでも痛みが変わらないならハイペリカム200Cに変えて1時間おきに3回、寝る前と朝にカレンデュラ(傷などの修復に効きます)という処方をいただきました。

ハイペリカム200Cがなかったので、近所でレメディ作ってくれるところ行きました。Bali Healingってとこなんですが、レメディの作り方がおもしろい。レメディの名前の横に数字が書いてあるリスト広げて、ハイペリカムの数字をマシーンに打ち込むと、ピーーーーーっていう高音とともに、数秒でレメディできあがります。ホメオパシーのレメディも結局のところ周波数ですので、多分レメディごとの周波数を打ち込んで、それを砂糖玉に転送してるんだと思います。

夜に向けてどんどん腫れていきまして、左足のシシャモが急成長。左足だけふくらはぎ死ぬほど太い人みたいになって、触るとぱつんぱつんですし、ちょっとでも体重がかかると激痛で、びっこ引くのも大変ですたが、とりあえず処方された通りのレメディぶっ込んで就寝。寝返り打つたびに痛いですし、こりゃレメディの力借りても5日くらいはサーフィンできそにねえな・・・。って思ってますた。

朝5時半頃に一回目が覚めまして、海もいけないのでトイレ行って二度寝。トイレ行く時、まだけっこう痛みがあって、今日もダメだなこりゃ。って感じだったんですが、二度寝して起きたら、あらら?痛みが全然引いてる?で、昼頃にはすっかりわりと普通に歩けるまでに復活しまして、腫れもどんどん引いて、これくらいだったら明日にはもしかしたらサーフィンできるかも。ってくらいまで回復してます。

わたすの汚ねえ脚をごらんください。左が昨日の打撲直後、このあと夜に向けてもっと腫れまして、シシャモがぱつんぱつんですた。真ん中が朝で、右がなう。足の太さがどんどん同じくらいになってるのがおわかりいただけると思います。

いや、まぢで、1日でこんなに治るもんなの??!相当ひどい打撲だったんですけど。打撲の治癒についてググってみたら、

打撲の重症度によっても変わってきますが、軽度のものであれば1~2週間、重度のものでは1ヶ月~1ヵ月半を治療期間とする。

ってありましたけど。軽度で1-2週間てほんまですか?わたしのあれ、軽度よりわりと重度よりだったと思うんですけど。ありえないほど腫れてたし、恐ろしいほど痛かったですから。ホメオパシーって残念ながら取った場合と取らなかった場合の比較ができないところが残念なんですが、治癒のスピードは明らかに早いと思います。

じつはわたくし、まったく同じ怪我をハワイに住んでたときにやったこと思い出しました。あの時はロングが当たって、急いで病院行って、4-5日は松葉杖ついてたよーな。当時は打撲くらいで病院行くような人だったのですよ。ワタス。いやほんとに、ホメオパシー知らない人ってほんと損してると思う。ホメオパシーのレメディ、ひと瓶350円ですから。ひと瓶どんだけ使えんだって話ですから。

特に外傷は治りが圧倒的に早いです。サーファーは怪我の話をよく聞きますが、(ホメオパシーやったら治るのもっと早いのにー。)っていっつもこっそり思ってます。残念ながら怪しい医療だと思われてるのでこちらから押し売りすることはしませんので。んー。ほんとに損してると思う。旅先でもホメオキットがあるからほんと心強いですし。今回お世話になったレメディさんたちです。

手前がバリで作ってもらったレメディ。350円。後ろの日本はチャンドラ先生のインドレメディ350円。

ホメオパシーは、レメディが治しているのではありません。自分の自然治癒力のスイッチを押してくれるものです。だから、ホメオパシー始めると自分が持ってる自然治癒力のすばらしさに感動します。氣軽にケミカル薬品取る人多いですけど、何度も言いますが、西洋医学の薬は症状を抑えているだけです。抑えたものは、反発してまたぶり返しますし、ぶり返す時にはより重くなることが多いです。我慢できない痛みを我慢する必要はないですが、氣軽にケミカル薬品を取るならば、まずホメオパシー試すことを激しくおすすめします。

結局世の中すべてバイブレーションなのです。最先端の医療にはバイブレーションを使ったものが多いです。エネルギー医学です。近い将来、間違いなくバイブレーショナルメディスンが主流になっていくと思います。11月後半に、茅ヶ崎でホメオパシー中級編の勉強会開催します。近日中におしらせいたします。


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。