経血コントロールって知ってる?


こんちわ。日本ってこんなにさぶかったの?
やっぱ暖かいところはいいよねー。
ところで、うちのパソコンはキーボードに薄いシリコンのカバーがかけてあるんですが、
『K』に穴が開いてることに気づきました。
勝手に良く使うのは母音に違いないと思ってたんだけど、
実はカキクケコだったみたいです。

色んな新しい情報が怒涛のように流れ込んでくるので、
お伝えしたいことは山ほどあるんですが、忘れそうな今日この頃。
本日は、女性はもちろんですが、男性にも是非知っていただきたいこと。
皆さん、経血コントロールって聞いたことありますか?

昔から不思議だったんです。太古の女性は、生理の時どうしてたんだろうって。
私の母世代になると、アンネとか言う生理用品がもはやあったようですが。
まさか垂れ流していたわけではないだろうに。

っと思っていたある日、ネットでみつけた経血コントロール。
なんだか巷では、セミナーなんかで教えて金儲けしてる人もいるみたいですが、
そんなところにわざわざ行かなくても今すぐ誰でも出来る素晴らしい裏ワザです。
生理用品使わされてるのなんて、生理用品屋の戦略に乗せられてるだけだと気付きました。

化繊に敏感な人たちの間で近頃布ナプキンが流行っているみたいですが、
更に上を行く素晴らしい方法です。
生理が早く終わってナプキン消費量が猛烈に減ります。

経血コントロール、というわけで、
経血を意のままにコントロールする方法です。
おしっこみたいにトイレで出すだけ。
前回の生理からやってみましたが、素晴らしいです。
方法は以下の通り。

1.生理中であることを常に意識しておく。
2.おしっこを我慢する要領で、生理中は膣口をしめる。
3.こまめにトイレに行って溜めた経血を出す。


これだけ。
私はどうやら無意識にこれをやっていたらしく、
普段から夜もあまり経血は出ないし、すぐ実践に移せました。
ホントに生理3日で終わります。ナプキンほとんど必要なし。

なんですが、現代女性は、化繊ナプキンの呪縛に縛られており、
まず骨盤や子宮が凝り固まっている人が多く、
垂れ流しに慣れているので膣口が緩い人が多いそうです。(イケてないわ。笑)
経血コントロールでは、
子宮を緩めて血液をためる空間を作り、膣口は逆にしっかりフタをする。
というのが基本らしいので、
そういったエクササイズもあるみたいです。
その辺は自分で調べて・・・(笑)

まあ、とにかくですね、様々なシチュエーションにおいて、
膣口なんてしまりがあった方が良いわけで、
更に、経済的で、あの憂鬱な期間が短くなるときたら、やらない手はございません。

メンズの皆さん、ガールズは色々大変なのよ。
生理前は、自分で感情のコントロールが出来なかったりするわけ。
ガールフレンドがちょっとイライラしてるからって
一緒になってイライラしてるようじゃまだまだよ。
是非あなたのガールフレンドにもこれを教えてあげて。
二人の関係がより良い関係になるかもしれませんよ。なんせ膣口が締まるんだから(笑)

下ネタでした!

うちのキャベツ、こんなことになってきたよ!