素晴しいサーフハットとついに出会った気がする


わたしは、黒目がもはや黒目ではなく茶目なんですが、
サーフィンやってる人の中には、目の色素がどんどん薄くなって、
しまいに、ほとんど外人みたいに、グリーンとかになってる人もいるんです。

で、目の色素が薄ければ薄いほど、紫外線に弱い気がするんですが、
わたしの目ん玉はすこぶる紫外線に弱い。
いわゆる雪目ってやつと同じ状態にすぐなっちゃうのです。

ハワイに住んでいた当時、炎天下の中アホみたいに6時間とか海に入った夜。
目は真っ赤に充血、
そして激痛、
そして、閉じてても激しくまぶしい、
涙が止まらない。
っていう恐ろしいことになったことがあります。
痛すぎて、まぶしすぎて眠れないわけ。
真夜中に、サングラスに帽子っていうありえないいでたちで
救急病院行って、麻酔の目薬さしてもらってなんとか眠れた思い出があります。

そんなこんなで、私には、サーフハットが欠かせない。かれこれ15年以上前から、
まだサーフハットなんてものがないときから帽子かぶってサーフィンしてました。

が、まあ、いわゆる普通の帽子なので、
水にぬれると、ツバが重みで垂れ下がってくるので、
ワイヤー入れてみたり、フックつけてみたり、
それはまあ、並々ならぬ試行錯誤の繰り返しでございました。

そんな私の苦労を知ってか知らずか、
機能的に優れたサーフハットが今はたくさんありますね。

BUT!!

サーフハットマニアから言わせると、
どれもこれも帯に短し。

だいたい、あの、太すぎるストラップがまずイケてない。
オッサンのヒゲにしか見えない。
しかも変な日焼けするし。
あと、流れ止めもない。
あと、ポケットとかついてりゃいいのに。
あと、ツバが微妙に狭い。もう少し幅広くて良い。
それに、かわいくない
基本オッサン仕様。おしゃれじゃない。

そんなこんなで、あんまりかぶりたくはないけど、
常にやむを得ずかぶっているわけで、
ホントはかぶりたくないのに、みなさん、私が帽子かぶってると、
「そんな真っ黒で、美白ですか(๑⊙ლ⊙)ブッ」
とか言うわけよ。

まあそれはどうでも良いんだけど、
そう、ついに、ほぼご希望通りのサーフハットを見つけました。
これ♥

パタゴニアのキッズ用ハット。
すぐ乾く。
ツバ幅広め。
ツバの前方はピラピラならないように固い何かが入ってる。
ストラップも遠慮がち。
頭まわりの締めを調節するベルトがうしろについている。
なかなかかわいい。
一つだけ難を言うなら、流れ止めがない。
ま、それは自分で持ってるのを装着しました。
水着の肩ストラップと帽子をつなげるわけ。
そうすれば、ドルフィンで失敗して帽子が吹っ飛んでもなくならない。

今日、暴風のなかこれでサーフィンしましたが、
ツバがカチカチで、あの暴風にも負けなかった。
素晴しい。ホントに良い。

調子良いサーフハット探しているなら絶対おすすめですよ。
www.patagonia.com/jp/product/キッズトリムブリムハット?p=65927-0-164