貧しさは罪である -お金の話


このあいだの不思議ガールが、私のお金の話が役に立つと言ってくれまして、今日は定期的にお伝えしたいお金のお話を。

あ、その前に、こちら。
P1018866

展示会場で天然石が売ってたので買ってきた。ちょーきれい。地球ってホントすごいよね。こんなのがニョキニョキ生えてくるんだよ。ありえない。いつかどこかにクリスタルをほじくりに行ってみたい♡

【お金が嫌いすぎる!】
さて、お金です。お金。いま地球上に生活していて、お金の問題がまったくない人なんてほとんどいないと思いますが、どうでしょう。お金に困ってる人もいれば、まったく困ってない人もいる。お金がザクザクあるのに不幸な人もいれば、超ビンボーなのに幸せな人もいる。お金ってなんでしょーね。

わたしは、生まれてこの方、お金が大嫌いでした。とくに、あからさまにお金の話をする人とか、虫唾が走るほど嫌いでした。いくら儲かったとか、株で儲けたとか、そういう話をされるのがイヤでイヤで仕方がなかったのです。そして、なぜかわたしの周りには、そういう話を平気でしてくるヤツがいっぱいでした(笑。いま思えば、完全にお金にたいする態度を改めよ、というメッセージだったんですが。

で、ある日、なんでこんなにお金に嫌悪感があるんだろうと不思議に思い出してから、わたしのお金ジャーニーがはじまった。そして、こんなにお金が苦手なのに自営業を始めてしまい、お金がなくなる不安はさらに増大。今年買ってくれた取引先が、来年も買ってくれるとは限らないわけで、お金が心配すぎて、夜中に目が覚めてドキドキして寝れないこととかもしょっちゅうでした。

で、困ったときに助けを求めるのは、本。わたしはつねに本に助けられてます。潜在意識をいかに利用するかという本をたくさん読みました。けっきょく、お金にかんする個々の態度ですが、国や文化、社会そして親から「こうだ」と教えられたことが潜在意識に叩き込まれていますので、お金をあまりポジティブなものとして扱わない現代社会に生きていれば、多かれ少なかれ、「お金は汚いもの」「お金で幸せは買えない」などと思い込まされているハズです。

わたしはまさにそれで、例えば友達が良い仕事をみつけて100万円収入があった。なんて話を聞くと虫唾が走るわけです。そして、心のなかで、「こいつはカネカネ言いやがって。カネで幸せは買えないのに。まったくわかってないぜ( ゚д゚)、ペッ」って思っていると同時に、その100万円がうらやましくて仕方ないという、妬みもあるわけです。もう矛盾の極致。100万はほしいけど、お金は汚いもの。そう、むちゃくちゃほしいんですよ。ホントは。でも言えないの。汚いものだと思ってるから。

9595598-big-pile-of-colorful-decorative-sea-shells

【お金にたいする態度を改める】
というわけで、まずは、そのお金にたいする自分の態度を改めることにしました。ある本に書いてあった一言がきっかけで、けっこうスムースに改めることができました。その本にはなんと、
「貧しさは罪である」
って書いてあったんです!!えーーー!衝撃~!!
「豊かになることは、悪いことではなく良いことである。貧しいと手に入れられる幸福は限られてしまう。だから、貧乏をする必要はまったくない。貧しさは罪である。貧しさとは、”宇宙から受け取る幸は無限だ”ということを知らない人間によって生み出された、一種の地獄である」
「豊かでないと自分自身にも、他人にもあまり良いことができない。人として豊かさを手にしたいと望むのが当然であり、豊かさがないと普通に暮らすこともできない。・・・・豊かさを求める気持ちをごまかすのはもう終わりにしよう」

本の冒頭に書いてあったことなんですが、もう、目からうろこがガラガラと音を立ててはがれて行った。わたしは、完全に「豊かになるのは悪いことだ」と思い込んでいたし、「豊かさを求めるのはいやらしい」と思っていました。が、そう思っていた自分に気づいた瞬間、すでにわたしは豊かさを受け入れる方向に舵を切りはじめていた。潜在意識のクセを矯正する過程において「気づくこと」はもっとも大切な過程だと思う。気づきさえすれば、その瞬間に解決されることが多い。だからいつも自己分析をおすすめするのです。分析して気づけば問題は解決される。

さて、てなわけで、お金にたいする態度をあらためはじめてから、5年くらいになりますでしょうか。お金という形だけではなく、わたしには、モノとしてはもちろん、人という豊かさが5年前には考えもしなかったほど集まってきてる。お金自体は、なんだろ、目標として思い描いていたところには程遠いんですが、最近もはやそんなことはフォーカスの中心ではなくなってきました。どちらかといえば、最近は本当の豊かさって何なんだろうっていう部分の解明に興味があります。ただ、昔のわたしと比べれば、とりあえず心穏やかに暮らせるくらいのお金を頂戴する機会をいつも与えられているし、なにより人とのつながりという豊かさがとめどなく溢れてる。そして、それが何より最高なのです。

というわけで、長くなりましたが、お金がほしいのにやってこない。そんなあなたは、潜在意識のどこかでお金を拒否しています。拒否してなかったらすでにお金はどんどん流れてきてるはずですから。

わたしがお金にたいする態度を変えるきっかけとなった本はこちら。
「宇宙の力」を使いこなす方法

それから、先日おすすめしたセドナメソッド
も、お金にたいする態度を変えるのに役立ちますヨ。

みんなでお金持ちになって、地球をすばらしい場所にするために使いましょう!

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。