冷え性対策!あったかい体をつくるおススメの方法


今年は暖冬らしいですね。
11月は最高に気持ちいい季節。
日差しが出てるとあったかい。
なんせ残暑ですから。
わたしは誕生日が11月なんですが、
自分が生まれたあたりの季節って好きじゃないですか?

さて、本日のテーマは体を温める。です。
外人って、真冬でも半袖の人とかいるじゃないですか。
9eb50f81cbcb3d0d9ed1eedba413fc7c_0
どっからどうみてもおかしいわけですが、
かくいうわたしも、ハワイから帰国直後は真冬もタンクトップでしたw
服がないっていうのがまず理由ではあるんですが、
その前に、寒くないのです。
上着は着てますけど、脱いだらタンクトップ。
当時働いていた会社で、みんなにいつも、
「アンタ、タンクトップ何枚持ってんねん!!」
って言われてましたよ(笑。

そんなさむくない毎日を送っていたわたしも、
日本へ帰ってきて、はや13年、
すっかり日本体質になりまして、冬は寒くなりましたよ。
ちゃんと、長袖のセーターとか着れる子になりました(・∀・)イイ!!

わたしは、サーフィンを始めてから、
冷え性というものから解放された、とずっと思っておりまして、
海外生活が長いと、ふろに入るという習慣がなくなり、つねにシャワー。
とくに冷えないし、真冬でも湯船につかるのは2-3回。
湯船など邪道だと思ってました(笑。

そんなわたしも、おばちゃんになるにつれて、
気を抜いてると、意外と足先とかつめたーくなってる。
40になって、ようやく、やっぱ、体は冷やしちゃあかんやろ。
ということに気づき、体を温めるありとあらゆることを試しはじめました。

きょうは、体の中からあたたかくなれるおすすめの方法を。

1.サーフィン
これは、否定される方も多いかもしれないですが、海に入っている間は寒いんですけど、真冬でもサーフィンした日は、そのあと冷やさなければ体がぽかぽかです。つまり、運動しろってことだと思います。血液のめぐりがあきらかにいいです。

2.腹巻
20代、30代のころなんて、腹巻とか存在自体がありえない感じでしたが、もはや、真夏でも腹巻してますから(笑。腹巻しだすと、腹巻してないと、お腹のあたりがスカスカで気持ち悪いです。お腹があったかいのはほんとに心地よい。

3.五本指くつした&レッグウォーマー
やはり、頭寒足熱ですから、靴下とレッグウォーマーは外せません。靴下は五本指にかぎりますネ。ちょっとブーム?な、”冷えとりくつした重ね履き”もやったことあるんですが、靴下にかんして確実に言えることは、靴下はいたからって暖かくなるわけじゃない、ということです。あくまでも体を中からあたため、発してる熱を逃がさないようにするためのものだと考えます。寒くて冷えてるときに、いくら靴下重ね履きしてもなかなか冷えはとれない。4枚も5枚も重ねるのはムダだと気付いてやめました。重ねて2枚かなあ。だいたい、洗濯するとくつしたまみれになって泣きそうになるのがムリでしたw

腹巻とか靴下とか、あったかアイテムはここちょーおススメ。
http://www.onmusubi.jp/

4.白湯とか、生姜湯
水分補給にふだんは常温の水を飲むことが多いですが、冬はお湯飲みます。やっぱり、体の中をあたためるとあったかくなるのです。お湯最高です。ちょっと物足りない時は、生姜をすったのと、レモン汁とローハニーをお湯にいれて生姜湯もおすすめです。ちょーおいしいよ。
Ginger-Tea-with-honey-and-lemon

5.腰湯
きわめつけがコレデス!!腰湯すばらしい。例の地味ヨガで出会ったお友達が、ある日Facebookに「腰湯」なるものをシェアしてまして、なんだかよさそう♡と思って、さっそくやってみました。ら!!!!体の温まり方がハンパない。そして、ポカポカの持続時間が尋常じゃない。長い。長すぎる!ずっとあったかいやないか~い!
【やり方】
湯船にすわって、腰のあたりまで熱めのお湯をいれます。44-46度くらいがいい感じクサイです。で、上半身はTシャツです。冬は寒いのでロンTがいいですかね。10分ほどすると、汗が噴出してきます。わたしはたぶんいつも15分くらい入ってるかな。長すぎてもダメみたい。お風呂は。
こんなかんじです。
img_bathtime02

もうね、半身浴とかまったく意味がないといっても過言ではないくらいにあたたまる。そしてついでに水の節約になります。なにしろお湯は腰まで張ればいいわけなので。ただ、お風呂から出たあと、暑いからって薄着は禁物。すぐに腹巻、靴下で完全防備して、蓄えた熱を効率よく使ってください。しばらく汗ばむくらいがちょうどいい。おかげであたしゃー今日もポカポカさあ~♪腰湯は超絶おすすめなので、ぜひやってみて~(・ω・)ノ