エリツィンってなに食べてんの?ってよく聞かれるので。


うちの二階に住んでる方のゴジラ級の足音に、引っ越しを考えてるくらいなんですが、
旦那さんがどうやら仕事を変えたらしく、帰宅が夜中。
ほぼ毎日丑三つ時に起こされます(泣。
おかげで、熟睡できる日がほんとに少ないんですが、
最近、あまり眠れなくても、翌日ほとんど疲れてないことに気づいた。
ほんの少し前までは、眠れなかった次の日は、超絶不調だったんですが。

そんな話を、いつも行っているカイロの先生に言ったら、
「でしょうねえ。どんどん疲れなくなりますよ」って言われました。
なんていうか、つねにエネルギーがすごいいっぱいある感じで、
しかもそのエネルギーを効率よく使えてる感じ!
ほんとにいつも元気でありがたい ^^

さてさて。友達んちでごはん食べてたら、
「あんたの情報見てると、食べるものなさそうだけど大丈夫?!」って。
これ、ほんといろんな人からしょっちゅう言われる(笑。
あと、「なに食べてんの?」も。

無意識な買い物をしていたころにくらべると、スーパで買えるものは圧倒的に少ないですが、
買えるものが決まっているので、買い物とか瞬殺です。
生鮮コーナーしかほぼ用事がありません。

体の声に耳をかたむけることなく、欲求を満たすためだけに買い物をしていれば、
スーパーにずらりと並んだ商品を前にすると、あれもほしい、これもほしいとなってしまう。
わたしももちろん、ずーっとそんな買い物しかしてませんでしたが、
体に耳を傾けながら、いま体が何をほしがっているかを考えて買い物しはじめたら、
必然的に生鮮食品コーナーにしか用事がなくなりました。
大事なのは体の声に耳をかたむけることだと最近とくに思います。

それに、意識的な生産者もどんどん増えているので、
安心で安全な食材は探せばいくらでも手にはいります。
生鮮食品以外ならiHerbを利用することがとても多いです。
ざんねんながら、いまだに、コストを抑え利益を上げようとする大企業の食品が圧倒的に多いですが、
そういう食品は体が欲しないものが多いです。そして、ちょっと安いからって、
そんな心がこもっていない毒まみれな食品をつぎつぎと体に放りこみ、
病気になって、医者と薬屋に大金を払うなら、
わたしは、すこしお金はかかっても心を込めたものづくりをしている人にお金をはらって
健康でいることを選びたい。なにを大切にするか、といった価値観次第かと思います。

わたしってきっと、めっちゃいろいろ我慢してると思われてる気がするんですが、
ほんとに、笑えるくらい我慢ゼロ、欲望のままに食べています。
ただ、その欲望の内容が完全に変化しただけです。
とにかくつねに新鮮な野菜と果物が食べたくてしかたがないし、
いままで大好きだった市販のお菓子を欲しいと思わなくなっただけ。
たまに砂糖まみれの市販のおやつが食べたくなれば遠慮なく食べますが、
その回数は圧倒的に減りました。

野菜も生で食べることが多くなったな。しかも大量(笑。
ひとり分じゃねえだろっつう、すごい量のサラダとか食べまくってます。
ふつうの食事って、野菜にしても火を通したものが圧倒的に多いなあと思うのです。
日本食も、焼き魚、みそ汁、野菜炒め、お浸し、卵焼き、ご飯、的な。
生野菜がすごく少ない。わたしは、大量の生野菜食べてるとすこぶる調子がいいです。

たまらん♡
P7021252

あとは、食品がどういう過程を経て食卓にならんでいるのかも、
食べものを選ぶさいに大事なことになりました。
できるだけ地球と、ここに住まう動植物にインパクトがすくなくて、
連綿とつづくいのちの連鎖を、そこで断ち切ってしまうようなものはあまり選びたくない。
でも、まだまだそこはぜんぜん納得できるほど到達できてませんが。。。

意識の変化ですかね。ハタから見ると無理しているように見えるかもしれませんが、
ものごとの見方が変わっただけなので、努力して変えている気分はゼロです。
どちらかといえば、この変化のプロセスを楽しんでいる感じです。
さいわい、わたしのまわりにはおなじような変化を経験している人が大勢いて、
あたらしい食材や食べ方など、絶賛情報交換するので、
つねに、最新情報であふれてるのも楽しい。

体の声に耳をかたむけて意識的に食事をしはじめると、体はすぐに変わってくれます。
わたしは、人間のからだは、もともと完璧にプログラミングされていて、
そして、つねにその完璧な状態にもどろうとするプログラムが機能してると思ってるんですが、
なにを食べるかは、そのプログラムを正常に機能させるためにもっとも重要な要素のひとつ。

いつもブログで言っている、感情をクリアにしていくことも
プログラムの機能のためにひじょうに大事なことですが、
この作業をするには、思考をクリアにすることが重要になります。
思考がクリアでないと感情のゴミがみつけられないんですが、
なにも考えずに食事をしていると、頭には霞がかかり、
クリアな思考を保てない人がほとんどだと思います。
じぶんの頭にモヤがかかってたってことは、それがとれないかぎりわかりません。
とれて、やっと、
うわ〜、めちゃめちゃ霞んでたわー。
ってことが分かります。

ほとんどの人は、わたしが、
「溜め込んでるストレスや感情のゴミ出しするといいよ」というと、
「ふーん。わたしはべつになにも溜め込んでないからな〜(笑)」といいますけど。
思考にモヤがかかってると、気づけない。
それはわたしもじゅうぶん経験したことだからよくわかる。
でも、感情的なゴミがまったくたまってなければ、
いまこの地球に生まれてきてないといっても過言ではないんですよー。
ざんねんながら、この三次元の地球に住まう人は、ほとんどがゴミまみれです(笑。
気づけないだけ。わたしも、まだまだ出し続けてます。いくらでも出てくる。

物理的に体に入れた毒は排出してデトックスし、感情の毒も同時に排出する。
この作業ができるようになると、体がどんどん元気になります。
ただ、食を変えずに感情のデトックスだけを必死にやろうとしても、
思考がクリアにならないから、なかなか毒がみつけられないし、
そして同時に、食事だけを必死に変えても
感情の毒を出すことを拒否しつづければ何の意味もない。

ただ、食べかたを変えていけば、感情デトックスは必然的にいつか始まることだと思います。
病気もなく、エネルギーにみちあふれ、心も体もいつも元気でいたいなら、
わたし個人としては、まずは食事を変えて、頭にかかったモヤをとっぱらう
って順番が妥当なのかなと思います。
感情の毒だしより、体の毒だしのほうが簡単です。わたしにとっては。

感情と食は密接につながりすぎているので、どちらかに意識を向けだすと
最終的には両方意識していくようになるとは思います。
さいきんは、心のデトックスにかんする本や情報も多いですし、
そういう情報を知って、心のデトックスを始めてみたはいいけど
あまりうまく行かないって人は、食にもっと意識を向けてみるといいと思うし、
逆に、食を変えてみたけど、あまり何もかわらないって人は、
そろそろ感情デトックスにも意識を向けてみたらいいと思いますよー。

かならずぴったりの言葉がとつぜん見つかる♡
「体をつくっているのは、私たちが食べるものと空気、そして感情と思考である」
リアナ・ワーナー・グレイ
アースダイエット

15829_10152830696696030_4994287581339551899_n