サーフィン中毒の症状および治療法について


また波があがりそうでうーれしーーー!
数日前、プロサーファー鈴木香耶ちゃんのブログ
http://beach-press.go-naminori.com/kanasuzuki/?p=317
2ラウンド目、5時半に入水って、もはやほぼ夜。3本乗ったら案の定真っ暗!
で、「そんなわたしってほんとバカだと思った」
ってブログなんですが、

ほんと、わかるー!
サーファーって地上でもっとも単細胞でおバカな生物だと思う。
わたしの周りも、来る日も来る日も波乗りのことばかり考えてるおバカまみれ。

いつだったか、YOUTUBEで見たビデオ。
極寒ニューヨークの女性サーファーのビデオだったんですが、
その中で、アジア系の女性サーファーが言ってた。
「わたしは完全に中毒患者です。本気でサーフィンに憑りつかれてる。波のことが気になって仕方がない。仕事でサーフィンができないことも多くて、そうなると、本気で狂いそうになって、あまりにもサーフィンに憑りつかれてるから、わたしはなんと今カウンセリングに通ってるのよ!サーフィンが気になりすぎて、そんな自分はおかしいんじゃないかと思い始めて、カウンセリングに行ってるの!ぜったい狂ってるわ

そうなんです。もはや中毒患者です。完全に。
以下の症状があるなら、あなたも中毒患者だと思う。

■ 次にいつ波が来るかが気になって仕方がない
■ 波が来る予定がないと焦り出す。
■ 焦りすぎて、サーフトリップの検索始める(笑
■ 波があるのに仕事でサーフィンできないのは拷問
■ 波がないと思ってた日に、友だちがこっそりいい波乗った!ってハナシは一番聞きたくない
■ どんなにクソ波でも、どうだった?って聞かれたら、良かったよ!って言っちゃう
■ あまりいい波に乗れなかった日に、友だちがいい波自慢すると、話をすり替えるか聞いてないフリをする
■ いい波に乗ると、だれかに自慢したくて仕方がない
■ 一週間波に乗らないと、死相が現れる
■ 朝起きた瞬間に携帯で波情報チェック
■ 波がある日は、散々やったのに、それでも一日中波情報チェックする
■ サーフィン以外の予定が入れられない。間違って入れてしまった日に波があると、死ぬほど後悔(バリ在住中毒患者からの報告により追加)

わたし自身、および、わたしの周りの中毒患者を分析した結果、
このような症状が顕著に現れていると思いました。
新しい症状があったら、ぜひ教えてください。

もはや異次元の中毒患者。女だからね。これ! ケアラ・ケネリー JAWS

もはや異次元の中毒患者。女だからね。これ!
ケアラ・ケネリー JAWS

ある友達がこんなこと言ってたんです。
「サーファーってなんでこんなにダメなんだろう。最悪の人種だと思う。おれの友達は結婚して家族も持ったのに、仕事もちゃんとしないでサーフィンばっかりやってて、家族が困ってる」

彼は自分もサーファーのクセに、サーファーは最悪な生物だと言い放ってました(笑。
で、あの、それは、サーファーが最悪なんじゃなくて、その人の問題です!
彼も中毒患者なのです。病気です。ビョーキ。
わたしは、サーファーは最高な人種だと思ってる。
ただ、中毒になってしまうもんだから、
現代社会のスタンダードから見れば、
カテゴリー的には「最悪」になるかもしれないけど。
しかも、リハビリ施設は海以外にないっていうもの困った問題です。
中毒を作り出してる海に入ることでしか、症状が緩和されない(笑。

男性も、女性も。サーファーとお付き合いとか、結婚するっていうのは、
一般常識で考えられるお付き合いとか結婚生活の形式とは
完全無欠にちがう
、ということを理解しなきゃだめだよね・・・。
自分がサーフィンしない人はスペシャル要注意ですよ。
たぶん、理解の範囲を超えた世界が繰り広げられるから。

というわけで、前述の、NYサーファーガールのビデオ探してたんだけど、
けっきょく見つからず。代わりにこんなステキなビデオ見つけたよ。
11歳の女の子、ワイメアでタンデムサーフィン!
15FT=ハワイサイズの8FT!

海から上がってきて、どうだった?って聞かれて
「ちょっと怖かったけど、でもサイコー!」
だって(笑。
この子はすでに中毒患者だな。

さ。明日も波ありそうだし、寝る準備しなきゃだわ。


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。