波に乗ることより重要なのは避け方だと思うわ


今日も波残ってた!ので、朝から4時間パドルした。サーフィンいくと、だいたい最低3時間入ってる。2時間だと物足りなーい。

で、すごい地形がいいんですよ。リーフみたいな割れ方。決まったところでブレイクするもんだから、ポイントブレイクみたいになっちゃってて、15人くらいしか入っていないものの、一か所に人密集。

めずらしく、インサイド気味で待ってたら、セットが入ってきた。アウトで待ってた兄さんテイクオフしようとしてる。たぶんレフトに行くハズ、な波で、ショルダーに逃げるスペースが十分あったので、ショルダーへ猛パドルしたら、私よりほんのちょっと沖で、ショルダー側にいた兄さんが、なぜかピークに向かってパドルしてきた! 

もう、ギョギョギョ~!ですよ。そっちに来るかー?! おかげで逃げ場がなくなって、テイクオフしようとしてる兄さんスレスレになるわ、その、ピークへ行こうとしてたサーファーとはぶつかるわ、挙句の果てには、そのサーファーのリーシュがわたしのボードにこんがらがって、こんがらがりながら波は崩れそうになるわで、てんやわんやですよ!

なぜに、あのサーファーはピークへ行ったのか、ですが、たぶん乗るつもりだったんだと思んだよね。なんでやねん。波の具合と、サーファーの位置見れば、その人がテイクオフできちゃうかどうかわかるじゃん。

swil0055

よく、「どー考えてもあのサーファーの波じゃん!」って波でも、たいてい諦めきれないサーファーたちが、あわよくば、と必死の形相でパドルしてますが、絶対乗れないし、乗れても前乗りになるだけなのに、なんでパドルするん?って思う。パドルのムダじゃん。おかしすぎるわ(๑⊙ლ⊙)ブッ

あと、沖から乗ってくるサーファーを避けられない人たち。どうしてもどうしてもどうしても無理!!って時もあるけど、客観的に見てると、スープ食らう覚悟決めないと、ショルダーに逃げたらぜったいライディングの邪魔になる位置にいるのに、必死にショルダー側に逃げようとしてるサーファーがけっこう多いんだよね。そっちじゃねーだろ!男なら覚悟決めて食らいなさい!って思うわ。

人が多いととくにそうだけど、波を待つポジションもさ、自分より沖にいるサーファーのラインの邪魔にならないポジションとることとか、すごい大事だと思うんだけど。波のブレイクの仕方、うねりの入ってくる方向とか、波を見極める力がないと、とくにビーチブレイクではサーファーがどっちに行くかまずわかんないわけで、波を読む力がないと事故率は上がると思う。、わたしは近くにいるサーファーのリーシュがどっちの足についてるかをまず見るね。あ、こいつは右行きベースだな。ってわかれば、右行きの邪魔にならないようなポジションを取る、とかさ。

混雑してるポイントに入るときは、波に乗ることより、避ける技術のほうが大事だと思う今日この頃。湘南では必須の技術ですわ。とか言いながら一本前乗りしちゃったけどね・・・ごめんなさい(・A・)イクナイ


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。