今年もバリの新年ニュピがやってくる!





セラマッパギー。久しぶりのYuyanのブログ投稿です。

(実はこのIndigo SeaブログはChiekoと私の2人で執筆することになっているのだ)

さて、昨日のバリ島は白い正装で海へ清めに行くムラスティというお祭りでした。

バリの新年、ニュピの前に行われる大切な行事らしく、スタッフの話によると、一年の汚れなどが落ちてスッキリするよう。私もついて行きたいゎ!!

でもトランス状態になる人も出てくるので、遊び半分でついて行ってはいけませぬ。過去に見たことあるけどなかなかの迫力で驚いた。

町内毎に集まって海まで歩いて行きます。ビーチには白い正装をしたバリニーズで埋め尽くされ美しい光景になる。バリ島を空中撮影して見てみたい。

昨日辺りから24時間体制でマントラが響き渡っている。

すごく心地イイ。

なんなら私もついでに清めてもらっているようなラッキーな気持ちにさえなる。

明日は大晦日の行事である、オゴオゴ

町内ごとに手作りした悪魔の化身(はりぼて)を担ぎ歩き、悪霊を追い祓います。

なんなら私の形にしたオゴオゴを作ってもらって悪霊を追い祓ってもらいたい!

そして明後日はいよいよニュピ

バリのお正月。新月です。

恒例の外出禁止、電気を付けてはいけない、断食をして静かに過ごす1日。空港も閉鎖になり、インターネット(一部開通)も繋がらずテレビも放送されません。

この大胆なバリのお正月を迎えるのは何回目になるのだろうか。

(去年のニュピに関する記事、こちらこちらもどうぞ)

今年は悩みに悩んだ結果、家で過ごしてみよう!ということになった。

ニュピをじっくりと家族で味わってみたくなった。

3歳の息子にもこのバリのお正月の意味を教えて行けたら良いな。

地球を感じられる贅沢な1日。

家族水入らずの1日。

なんだか旅行へ行くよりもワクワクしてきたぞ!

でも念のため息子と観れる動画をDLしておこう~





ABOUTこの記事をかいた人

indigosea

http://indigosea.net
チエコ 1999年にサーフィン好きが高じて日本を脱出1人ハワイ移住するも、そこで出会ったアメリカ人現夫とアジアバックパッカーの旅⇨埼玉⇨マリブ(アメリカ)⇨サンディエゴ(アメリカ)⇨パナマ⇨バークレー(アメリカ)と移り住んだ末に理想の地、バリ島チャングーに落ち着いて現在5年目に突入。2人のガールズの子育てをしながら、サーフィン、ヨガ、仕事に日々鍛錬の日々をおくってます

ユウコ 1999年初バリ。初めてのバリでバイク事故に合い前歯二本折れたりバリっ腹になったり想像以上のパワフルな波で恐怖体験をし最悪の印象でこんな島2度と来るもんか!!と思っていた。 2002年にサーフィン&バリマニア現旦那と結婚。それまでハワイハワイだったのに好きな人と行く場所は輝いていたので簡単にバリの虜となる。 夫婦でバリへ通いつめ、地元京都でバリ人シェフを招いてアジアレストラン開業。その後ウルワツでレストランを開店させた旦那の応援しつつ、自分自身がバリへ通う回数を増やすにはどうすればいいかと考えた結果2007年出来たブランドがインヤンヨガウェア。バリで仕事を持つことでバリとの愛情を深め、2012年京都のお店を閉めてバリへ完全移住。2015年無謀ながらもバリで高齢出産にチャレンジ!2017年また新たな草木染めブランドindigo sea設立。現在チャングーに住み5年、育児と家事は旦那とほぼ半分づつ分担し仕事も適度にサーフィンも気の向いた時に楽しんでいるロングボーダー45歳水瓶座A型。