【バリ島でサーフィンとヨガに恋するリトリート ~地球パラダイス化のための自己変容の旅 Vol.3】男女参加者募集スタート!


【バリ島でサーフィンとヨガに恋するリトリート ~地球パラダイス化のための自己変容の旅 Vol.3】男女参加者募集スタート!

わたしたちのリトリートがさらにパワーアップして第三回目を迎えます。まだ2回しか開催していませんが、わたしたちにとってこのリトリートはとても大切なものになりました。今回は10月に開催いたします。

リトリートって何?

リトリートとはあたり前の日常から物理的に離れた場所で自分と向き合うための合宿のことです。自分とは何者かをしっかり見つめるためのものです。普段そのような時間を意識的にとることはなかなかむずかしいですし、日常の中であたらしい自分を発見するのも簡単ではありません。そしてわたしたちがバリ島でリトリートを行うのにも大きな意味があります。赤道にほど近いバリ島は、一年中昼夜の長さがあまり変わりませんし、島民の中に陰陽思想が浸透しておりエネルギー的にとてもバランスの取れている場所なので、ここに来ると自分の中のバランスが取れていない部分がよく見えます。

おひとりで参加される方がほとんどですので、出会うべくして出会う仲間との繋がりも一生の宝物になります。そして、ありのままの自分を受け入れてくれる仲間たちは、以降の人生でもかけがえのない財産となり、あらたなコミュニティを作り上げます。その繋がりやコミュニティから始まる地球のパラダイス化のためにこのリトリートを開催しています。

男性4泊5日、女性は5泊6日に増えました 男女ともに合同開催、5泊6日となりました

10月のバリ島は乾季と雨季の移行時期にあたり、風が弱くほどよい波があることが多いです。男性のみのリトリートは4泊、女性のリトリートは一泊増えて5泊6日での開催です。というのも、集合日の初日は顔合わせ程度となるので4泊だとじっさいのプログラムは丸3日間となります。3日間でも変化は確実に実感していただけるのですが、あと1日あればもっといろいろお伝えできると思いまして、今回5泊のプログラムとさせていただきました。帰りの便も遅い便が多いので、6日間ゆっくりできると思います。自分への最大のプレゼントになること保証いたします!

男性のみリトリート開催します

合同開催ですが、サーフコーチによる男性サーファー向けトレーニングプログラムは実施いたします。

そして、今回、あらたな試みとして男性のみのリトリートも開催いたします。プロサーファーとして活躍、現在はSkillzhighウェットスーツのオーナー、そしてオーストラリア最先端のサーフトレーニングを勉強中の脇祐史くんがサーフコーチとしてわたしたちに加わってくれます。女性に比べて男性は自分に目を向ける時間を持つことがむずかしいと思います。世界は女性のやさしさと男性の強さが必要なのです。本当の意味での男性としてのパワーを発揮していただくために、このプログラムを用意しました。サーフィンのスキルアップとともに、男性としてさらなる飛躍のためにぜひご参加ください。

食事

わたしたちのリトリートでは朝と夜にヴィーガン食をたのしんでもらっています。たった数日間ですがお肉を食べないことで起きる心と体の変化を感じてほしいので、フリーのランチタイムにもできるだけお肉は避けていただければと思います。もちろん強制ではありません。また、今回のリトリートでは朝食をスムージーのみにしようと思っています。インターミッテントファスティングというファスティングの方法があります。食事の時間帯を8時間に限定する方法で、24時間働きっぱなしの内臓を1日16時間前後おやすみさせてあげるのです。本来朝に固形物は食べない方法ですが、今回、プチファスティングを経験していただきたく、朝食はスムージーで考えています。ヴィーガン食+内臓を休ませるこの方法でかなりの変化を感じていただけると思います。

お申し込みフォームはこちら

日程
男女合同開催となりました:2019年10月11日(金)~10月16日(水)リトリート料金:152,000円(税抜き)
男性のみ:2019年10月18日(金)~10月22日(火、祝日)リトリート料金:145,000円(税抜き)
お申し込み最終締め切り:9月20日
詳細はこちらをごらんください。

BEACH PRESS編集長より


わたしは10年前の自分とはまったく別人です。中身の話ですけど。そりゃまあ見た目もだいぶ変化してるとは思いますが(笑)。11年前にモノを売る仕事で独立してからというもの、経済的にも人とのかかわりにおいても、さまざまな問題点が浮き彫りになりました。そこで、まずお金とのかかわり方、そして人間関係への変化を起こすべく、とにかく本を読み漁り、そこに書かれていることを実践してみたのです。その過程において、もっとも重要だったのが自分自身とのかかわり方でした。そして何年かけて本当の自分を見つけていくうちに、目の前で起きるできごとに、ものすごいポジティブな変化が起きるようになったのです。

自己探求に終わりはありませんが、ここ数年、自分に起きたこの変化を他の人にも起こしてみたいという思いが強くなっていました。伝えられることはブログで伝えてきましたが、目の前で読者が変化するのを見ることはできません。そんなとき、誘われるがままにヨギーニTamaoと開催したのが去年11月のリトリートでした。わたしが実践してきたテクニックをお伝えしたところ、本当に、目の前で人が一瞬のうちに変容していくのを目撃し、その感動は今まで感じたことのないものでした。(あ、これだったんだ!)と。腑に落ちるとはまさにこの感覚でした。

つい数日前、ある参加者がリトリート後に起きている変化を報告してくれました。自分と向き合うことでこんなに生きやすくなるということを、周りにも伝えたいと言ってくれました。変化を目の当たりにすると、かならず周りに伝えたくなるのです。リトリートで起きたさざ波が大きな波になります。これがわたしが起こしたい変化の波です。だからリトリートをつづけようと思っています。

そしてなによりサーフィンを通して海のパワーをダイレクトに感じていただきたいです。海の浄化力というかパワーはほんとにほんとににすごいのです。チャングーは初心者から上級者までたのしめるさまざまな波があります。初心者の方にはオプションでサーフィンスクールも手配いたします。サーフィンのすばらしさをぜひ温かい南国で体験していただきたいと思います。

何かわからないけどモヤモヤしてる。何か変えたいけど何をしたらいいのかわからない。変化したい。ピンと来た方は、この変容の旅にぜひご参加ください。出会いは必然です。お会いできるのを心からたのしみにしております。

そして今回ももちろん参加者全員に総額5万円以上のビキニやコスメのプレゼントつきです♪

ではつづいてTamaoのとてもディープなヨガの詳細をごらんください。

一番下のギャラリーではぜひ現地の雰囲気を感じてみてください。

TAMAOヨガ-自然の中で1日ずつチャクラに目を向けたワークを行います


Day 1
~感謝と愛があふれるリトリートのはじまり~
島に着いたらまずは大地を素足でゆっくり歩き、海に触れ波のリズムに合わせて呼吸しよう。

Day 2
~大地と海をテーマに自然にどっぷり浸かっていきます~
朝のクラスは地に足をつけ、自然の中で過ごし自分の軸を戻すヨガクラスと相手を尊重するワークを一緒に行います。 午後は、自分の歴史を振りかえるパートナーワーク。

Day 3
~無条件の愛 TAMAOのリードで愛を感じ、温かさをじんわりと広げる~
太陽の光を思いきり浴びて、胸の中にある母性愛を感じたり、「自分らしさとは何か」に氣づくワークをします。交感神経に働きかけ活性化させたヨガの後、波が打ち寄せる自然の音に包まれながらシャバーサナなどでしっかりリラックスして、自然に調和していくリズムを味わ っていきます。 リトリート中に見えてくるヒントの中の「なんとなくいい感じ」の感覚を大切に過ごし、ラフターヨガでみんなと思い切り笑ったり、泣いたり、自分の中にある感受性のフタを外して全部外へ出す時間を過ごし、今の自分をあるがままに受け入れ恐れを手放し、 愛を表現しましょう。 さらに、客観的に自分を見つめ直して、心がワクワクするドリームマップ作成をします。これはこの場かぎりでなく、帰ってもつづけて行うとより生活が豊かになるきっかけとなるでしょう。

Day 4
~大いなる自然の中での心とマインドの浄化・本能やスピリチュアリティを大切に内なる声に耳を傾ける
朝目覚めたら、トラタクで目の浄化をしていきます。そして、大いなる自然の中で心とマインドの浄化をする「瞑想の時間」。 感情に振り回されない方法とは?を問いかけ、心が安定すると見えてくるものをシェアしていきます。この日はできるだけ一人の時間を大切にし てもらい、携帯はオフ。静かな時間を過ごし、瞑想したり、外で寝転がり空を見つめ無限の空間を味わいましょう。自分に正直に生きているか、 自己表現できているかを見つめてみたり、自分にとって正しいことは誰より自分が知っていると氣付いて直感を大切に過ごします。本能やスピリ チュアリティを大切に内なる声に耳を傾けてみましょう。

Day 5
~「心」を満たすものを知る
しあわせに生きるには?をテーマに、最後のディスカッション。 リトリートの中で向けてきた内なる声を確信する時間。「自分のやりたいこと」を見つめなおしていきます。

つづいて、今回初開催となる男性のみのリトリートで主催に加わってくれる脇祐史くんからのメッセージをどうぞ。
初めてまして元プロサーファーでSkillzhighというウェットスーツブランドを手がける脇祐史です。今までの経験を活かし現在は仲間とサーフコーチングの会社を運営しはじめました。 そしてバリにもベースがあるのですが、このようなすばらしい企画に参加することになりました!日本とはまったく違うバリでサーフ&リトリート。僕のメソッドでサーフィンを更にたのしくし、たまちゃんのヨガで自分の身体と向き合い、エリちんのワークショップで自分の心と向き合う旅をしてみませんか!? きっと色々な変化を感じ、今後の人生をさらにたのしくできると思います。みなさまのサーフリトリートへのご参加をお待ちしてます。

参加者の感想

これまでは起きたできごとに視点が向いていたけど、今は自分の感情に視点が向いている。
人間関係もすごくスムーズになったというか、人のことが全く気にならなくなった。

ベジタリアンミールを食べ、とにかく腸の負担がなくなった。無駄な食欲がなく、必要な量だけでお腹が全く減らなかった。元々、快便だったが、それ以上に快便になった。肌ツヤが見違えるくらいに変わった

たまおさんが心に語りかけ、えりさんが頭で理解できるよう説明してくれる2人のバランスが絶妙で、とにかく沢山泣いて沢山笑いました。そしてそんな自分をそのまま受け入れてくれる仲間との繋がりがなんとも言えない心地よさでした。このバリリトリートは、間違いなく私の人生のターニングポイントになりました!参加して本当に良かったです!

リトリート概要

代金: 152,000円(税抜き)
日程: 男女合同:
2019年10月11日(金)~10月16日(水)
集合場所: 現地集合(Villa Rumah Wayan
日数: 女性5泊6日
定員: 各12名

代金に含まれるもの

ホテル宿泊費(参加人数により2名または3名一室)
食費:  朝5回 昼1回(最終日)夜5回
ヨガセッション: 6〜7回
爆笑w塾: 3〜4回
近隣へのトリップ、またはワークショップ
ビキニ、アパレル、化粧品など総額5万円相当プレゼント

女性リトリートスケジュール

***スケジュールは天候、波の状況などによって変わる場合があります

日程 スケジュール 朝食 昼食 夕食
1日目(集合日)
19:00からウェルカムパーティー・オリエンテーション
なし なし
2日目
6:00〜7:30 TAMAOヨガ
マインドフルネスワークショップ①(ランチ後予定)
〜17:00 フリー
17:00〜18:30 TAMAOヨガ
19:00 夕食&「爆笑w塾①」
なし
3日目
未定(トリップまたはワークショップなどを考えています。)
なし
4日目
6:00〜7:30 TAMAOヨガ
マインドフルネスワークショップ②(ランチ後予定)
〜17:00フリー
17:00〜18:30 TAMAOヨガ
19:00 夕食「爆笑w塾②」
なし
5日目
6:00〜7:30 TAMAOヨガ
〜17:00フリー
17:00〜18:30 TAMAOヨガ
19:00 夕食「爆笑w塾③」
なし
6日目
6:00〜7:30 TAMAOヨガ
昼食 フェアウェルパーティー&シェアリング
なし

男性リトリートスケジュール

日程 スケジュール 朝食 昼食 夕食
1日目(集合日)
19:00からウェルカムパーティー・オリエンテーション
なし なし
2日目
6:00〜7:30 メディテーション&ウォームアップ
脇祐史ワークショップ①
〜17:00 フリー
17:00〜18:30 TAMAOヨガ
19:00 夕食&「爆笑w塾①」
なし
3日目
6:00〜7:30 メディテーション&ウォームアップ
〜17:00 フリー
17:00〜18:30 TAMAOヨガ
19:00 夕食&「爆笑w塾①」
なし
4日目
6:00〜7:30 メディテーション&ウォームアップ
脇祐史ワークショップ②
〜17:00 フリー
17:00〜18:30 TAMAOヨガ
19:00 夕食&「爆笑w塾①」
なし
5日目
6:00〜7:30 TAMAOヨガ
昼食 フェアウェルパーティー&シェアリング
なし

とにかくおいしいと評判!お肉なしなのに満足感のすごい食事です。

ご確認事項

現地集合・現地解散です。航空チケットはご自身で手配してください。
ヨガにはヨガマット、タオルなどをご持参ください
ビザ:インドネシアは30日までの滞在は必要ありません
パスポートは入国日から有効期限が半年以上なければ入国できません
小学生以上のお子様は同伴可能。ご旅行代金は大人と変わりません。お子様はTamaoヨガ・夜の「爆笑w塾」は参加できませんので、この間はベビーシッターを手配いたします。ベビーシッター代は別料金となります。

キャンセル料

・出発日の60日以前のキャンセルは無料
・出発日の59日〜36日前のキャンセルは、参加費の50%
・出発日の35日〜15日前のキャンセルは、参加費の80%
・出発日の14日前以降のキャンセルは、参加費の100%

オプション

・TAMAO個人セッション
・編集長個人セッション(1時間5000円)
・空港送迎(片道、車一台20003000円前後)要事前予約
・初心者向けサーフィンスクール
・サーフガイド(近隣で波がない場合など)
・バイクレンタル
・同宿泊先に延泊、前入りなど手配可能

ご注意事項

【空港送迎について】
空港から宿までの送迎が必要な方はオプションでお申し込みいただけます。ご自分で来る場合、空港からは空港タクシーが利用できます(前払い、2016年現在チャングーまでは225,000ルピア、日本円で2000円前後です)
【お部屋について】
二名または三名一室となります。部屋の人数、ツインベッド・ダブルベッドのご希望や指定はお受けできません。
【現地通貨】
日本出発前に銀行や両替所、あるいは、現地の銀行や両替所にて両替可能です。
【海外旅行保険について】
かならずご加入ください。弊社では旅行中の事故・怪我などには一切責任を負いません。
【キャンセルについて】
いかなる状況でも上記のキャンセルポリシーに準じます。交通機関の遅れなどで遅れてご参加の場合も一部ご返金はございません。ご返金の場合、お支払いがクレジットカードの場合はご利用のカードへ、お振込みの場合はご指定の口座にお振込にてご返金となります。(カード決済取り消しが不可能な場合はクレジットカード利用手数料、およびお振込手数料などを差し引いた金額となります)

リトリートお申込み

リトリート参加のお申し込みはこちらから。Beach Pressが運営するオンラインショップのページへとリンクいたします。商品のリトリートをカートにいれていただき、必要事項をご記入の上お申し込みください。お支払いはネットバンキング、銀行振込、クレジットカードがお選びいただけます。お申し込み完了されると内容にすべて同意されたこととみなします。
お申し込み最終締め切りは9月20日となります。

初心者にはサーフィンスクールも手配します!

引率者プロフィール

Beach Pressエリツィン編集長
職業:自由人
20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィンしたり、旅したり、ほとんどサーフィン。幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。とくに冬は働いてません。たのしいことしてれば人生なんとかなる。笑う門には福来たる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって氣づいた。

 

TAMAO(岩崎玉緒)

ヨガインストラクター/SUP YOGAインストラクター/SUP YOGA講師養成トレーナー/gypesea by HONEYのヨガスタジオプロデューサー/(株)Beach Townオーシャン(SUP)ディレクター/ライフスタイルアドバイザー

海をこよなく愛するサーフヨギーニ、パドラー。ヨガプラクティスで培ったバランス感覚、アスリートとして鍛えた真っ直ぐな眼差し、サーファーとして大切にしている自然との共存を最大限に生かしたティーチングや体験型アクティビティを国内外で展開。自然やスポーツと調和のとれた生き方を追求するライフスタイルと活動は、全国の海沿いのナチュラル思考の人たちから熱い支持を受けている。

女性ならではの身体の悩みや、内側から美と健康を追求する方へ スポーツ・食事・自然との関わり合いをアドバイスするライフスタイルアドバイザー。大手企業、ヨガスタジオ、ビューティーサロン、様々なイベントなどで講演。 “SUP YOGA”の日本のパイオニアでもあり、現在はSAWARNA SUPのライダーとして、またアウトドアフィットネス協会が主宰する「SUP YOGA指導者養成講座」の講師の育成、安全且つ誰もが楽しめるSUP YOGAの普及活動に情熱を注ぐ。また、全国のヨガイベントや、国内外のヨガリトリートの講師を務める傍ら、ROXY、Hydro Flask®、Sambazon、Sunshine Juice Tokyo、Axxe Wetsuitなどのアンバサダーや、ヨガモデル、ヨガ本や雑誌の監修など、幅広く活動している。

◇資格
全米ヨガアライアンス200H/SUP YOGA認定講師/チャクラワーク認定講師/NY OM YOGA認定講師/マタニティヨガ指導者養成/シニアヨガ指導者養成/UTLリストラティブ指導者養成

◇参加イベント/ヨガフェス
Yoga Fest Yokohama/Yoga Fest Hawaii/True Nature/Wind Blow…etc
他 全国各地のヨガ&野外イベントにてゲストティーチャーを務める

WEB>>>https://www.tamaoyoga.com
Blog>>>http://s.ameblo.jp/tamao-smile/
Instagram>>>https://instagram.com/tama_smile/
Facebook>>>https://m.facebook.com/tamao.iwasaki

◇アンバサダー&スポンサー企業
ROXY
https://www.roxy.jp/
SAWARNA SUP
https://www.sawarnasup.com/
Hydro Flask
http://hydroflask.co.jp/index.html
SAMBAZON
https://sambazon-acai.jp/
Sunshine Juice Tokyo
http://sunshinejuice.jp/
Axxe Wetsuits
http://www.axxe.jp/
UV Natural
http://uvnaturaljapan.com/
Drs. Natural Recipe
http://foods.angfa-store.jp/
Macadamia Natural Oil
http://www.macadamiajapan.com/products/
耳つぼジュエリー
https://www.omimitherapy.com/
liforce
http://www.liforce.jp
ラポール辻堂
http://tsujidou-rapport.com

脇祐史 42歳
茅ヶ崎出身の元プロサーファー、現在はウェットスーツブランドSkillzhighを設立運営し、2019年よりサーフィンコーチング会社を設立しオンラインサロンを仲間と運営している。ホームポイントは湘南そしてバリブキット地区。
Facebook>>>https://www.facebook.com/skillzhighsurfsuits/
Instagram>>>https://www.instagram.com/_skillzhigh_/

Tour Gallery


ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。