The Surfer’s Journal(プレゼントのお知らせつき)

Advertisement




私が翻訳でかかわらせてもらっているThe Surfer’s Journal日本語版。
第三弾がようやく私の元に届きました。

雑誌じゃなくて。本。
本だから、装丁も本らしく。
アメリカの装丁と同じ、最高のクオリティの装丁を。
だから、海外から送られてくるのですって。
で、台風の影響で届くのが遅れてしまい、
10日発売予定がようやく店頭にも並んだようです。

今回私が翻訳したのは、ブロードウェーダンサーの話。
わたしも実は激談四季というダンス(ダンワ)チームに所属してる
ダンサーファー。なんですけど、
この兄さんは、マジモンのダンサーファー。
この翻訳が結構手ごわかった。
なんとなく甘くみてて、ギリギリになってはじめたら、
全然出来ないわけ。校正が大変だったと思います。
すみません。


3冊ならべてみたんだけど、とにかくキレイ。
並んでるだけでキレイ。
日本語版創刊に当たって、発行人であるSteve Pezmanさんが
言ってた言葉がとても印象的。↓
https://beach-press.go-naminori.com/beach-news/722/

【今や、アスリートとしての側面以上に、スピリチュアルな面からサーフィン体験を捉えるという考え方は、多くの日本のサーファーたちにも充分に浸透してきていると私は感じています。TSJは、長い人生の中で純粋にサーフィンを続けるサーファーたちのために、読者の立場に立って精神性と知性を探求してきた雑誌です。ここ数年、私は、このような方針を持つTSJを出版できる状況に日本のマーケットがあるのか否かを、日本のサーフィン界の友人たちに訊ねてきました。しかしいつも答えは「ノー!」。曰く「日本のサーファーたちはまだ若すぎる!」という意見が大半でした。その多勢の意見とは逆に、米サーファー誌の創始者ジョン・セバーソンは、「サーファーたち(読者)のインテリジェンスを絶対に甘く見てはいけない」と私にアドバイスしてくれていました。「教育があり経験があるサーファーたちに、まずメッセージを送る事、そうすればいずれそこに到達していない人たちもメッセージを理解し更なる高みに上れるはずだ」と。】

ジャーナリズムなのです。たんなる情報の受け売りじゃなくて。
だから無駄な広告は省く。
つまり、The Surfer’s Journalは、広告で収入を得ている雑誌ではなくて、
内容に共感して購入してくれる読者が支えている雑誌。
Beach Pressがまさに目指すところなのです。
なかなか難しいですけどね。
ちょっとずつ。

The Surfer’s Journal日本語版。
サーファーならば男女問わず読んでほしいですねー。
サーフカルチャーっていうか、なんでしょ。
サーフィンの息吹を感じることができる雑誌です。
というわけで、Beach Press読者に創刊第一号を3冊プレゼントします。
読んでみたいっていう方、下記メールアドレスへご連絡を。

info@beach-press.com

Outdoor Japan Media
〒253-0041神奈川県茅ケ崎市茅ケ崎一丁目5-1ヴィラロータス101
Tel: (0467) 81-3212 Fax: (0467) 81-3213
http://www.surfersjournal.jp/


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。