キレイな写真を見ることの本質!

Advertisement




Beach PressのPhotoギャラリー更新しました。
鶴見英則さんの湘南のビーチギャラリー。
とにもかくにも美しいわけです。
この写真見るとここに住んで良かったとほんとに思うわ。

でもまー現実は、こんな感じじゃないことのほが多いけど。
今日も波チェック行ったらビーチはプラスチックごみだらけ。
ほんとに、サーフィンするみなさま、
毎日延べ何人のサーファーが海へ行くのかわからないけど、
相当な人数が行ってるわけでしょ。
一人一個ごみひろって帰るだけで相当きれいになると思うんだけど。
なんであの汚さを見て、そのまま放置して帰れるのかわかんないわ。
たった一個のごみだけど、it’s a trash less.
ごみが落ちてるのを見て拾わないのは捨ててるのと一緒。
ぜひ!

そうそう、今読んでいる本になるほどー!って思えることが書いてあったのです。
人間レベルの低いエネルギーにさらされ続けるとろくなことがない。
それはたぶんみなさんお分かりだと思います。
暴力、ネガティブ思考、不安、怒り、イライラ・・・。
放っておいたらすぐにそういうレベル低いエネルギーにまみれそうになるのがこの世の中。

でも、だいじょうぶ!
低レベルなエネルギーを排除する方法はたくさんあるんですが、
(もちろんサーフィンもその一つだわ)
美しい写真のエネルギーを利用することもとても効果的らしいよ。

写真とは、つまりエネルギーの一形態。
どんな写真にもエネルギーがあるんだって。
幸せな、愛に満ちた写真を見ることで心の力を上げることができる。
美しい自然の写真が発するエネルギーで心のエネルギーが高められるんだって。

読んでなるほど。
なぜこんなに美しい写真を見たくなるのか、
そんでもって見ることで癒されるのか、
つまりそういうことだったんだわ。

ということで、美しい写真をどうぞ。
画像クリックでGalleryに飛びます。


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。