TAMASHIMA Instameet~Bodyboard School~





10月6日(土)~8日(月)(祝)

TAMASHIMA Instameetというイベントが新島で開催されました。

これは国内、国外からインスタグラマーの皆さんに参加してもらい、

新島の魅力を沢山宣伝してもらうといったイベント。

参加者の方は新島キャンプ場にステイして頂き、

新島で色々なアクティビティに参加してもらったり郷土料理を食べてもらったり

新島時間を楽しんでもらうといった感じ♪

アクティビティのコンテンツにボディボードも入っており

台風後の地形の決まった羽伏浦でスクール開催。

新島のインスタスポットとしても超人気な羽伏浦ゲート!

 

サイズに掘れっぷり、海の色はまさに「The 羽伏浦」なコンディション。

ボディボードならこんな波も初めから楽しめちゃうところが魅力の一つでもある♪

 

午後のJET船で帰られる方がいたので短い時間になってしまいましたが、

8名の方にボディボード楽しんで頂きました。

通訳の方ももちろんいらっしゃって、ボディボードの基本をビーチで練習してから海へ。

通常スクールより大分端折った陸の講習でしたが、いよいよ海へ。

 

ちょうど台風通過後でインサイドに出来たプールでまずはバランスやキックの練習。

助手のパパさん、レクチャーにカメラマンに荷物運びに大活躍(≧▽≦)

 

7名の方はあっという間にアウトに出れてテイクオフにチャレンジしていましたが

お一人の方はボードの上で基本姿勢でバランスを取ることが難しく、

アウト行きは諦めました。

とっても悔しそうだったので、波のない所でバランスの練習をして

また必ずチャレンジして欲しいです!!

 

2018年私の最後のライディングかな?(≧▽≦)

色んな国から参加してくれた皆さん、ありがとうございました~!

インスタで沢山新島の魅力を世界に発信してもらえると嬉しいです~♪

ありがとうございました!

午後のJETに乗るため、お先に帰られたお二人。

ちょうどお見送りがあったので最後にまた会えました♪

 

一日目の夜に羽伏浦公園のメインスタジオを覗いてきました。

ボディボードの他には、サーフィン、アウトリガーカヌー(話だけ)の体験会

シーガラスやコーガ石、貝殻を使ったワークショップ、新島大漁節のワークショップ等もあり、

二日目の夜は新島郷土料理研究会の料理を食べた頂いたそうです。

このイベントで私の産前の大きなミッションは終了しました。

また来季も楽しいイベントやボディボードスクール宜しくお願いいたします~!

 

Acco from Niijima

過去のblogはこちら





ABOUTこの記事をかいた人

佐藤acco晃子

6歳~18歳までは水泳選手として専らプール生活。ジュニアオリンピックにも出場。18才で初めて訪れた新島でボディボードに出会う。ボディボードがやりたい一心で島へ行く前日にボディボードセットを購入し20歳頃から新島で住み込みバイトをしながらボディボードの練習に励む。自己流ながらも2009年プロ資格取得。2010年ASP×JPBAコラボの大会Malibu Kamogawa Girls Festivalで優勝!2014年 までIBA(現在はAPB)World Tourをフォローしヨーロッパ、南米、他世界の試合を転戦。2013年南米ベネズエラで行われたIBA World tour Bodyboard Pro Festival Venezuela 最高ランクGSSシ リーズの大会で3位入賞、世界の表彰台に登る。その後コンペプロ引退し出産、一児の母となる。現在は島で子育て海生活を楽しみながらボディボード普及活動を行っており、第二の人生、目標に向かって邁進中。