生理痛の治しかた

LINEで送る
Pocket

何年も生理痛がすごーーーーーくひどかった私。

もーね。ヒドイと普通に生活できないくらい酷くなる。

痛すぎて冷や汗止まらない!くらい辛くて。

ここ半年くらいでやっと治ってきた。

どうやって治したかと言いますと…。

生理でちゃんと血を出し切ると

次の生理がめっちゃ楽!!!!

生理の時の過ごし方がすごく重要みたい!!!

まず生理が来そう気配がしたら足湯

→48度くらいの熱々なお湯に

両足6分、ぬるくなったら差し湯をして

両足比べて赤くない方の片足2分。

そのあとはちゃんと靴下履いてポカポカにしてね。

であとは生理が来たら塩温石。

→自然塩を400gくらいをじっくり炒る

焦げる前に取り出して布の袋か、和紙、新聞紙

とかに包んで熱さ調整にタオルを使いながら

尾てい骨に置く。ぬるくなったら終わり。

塩は炒り直したら何回か使えるよー。

お手当はこれくらいで

あとは体を冷やすものは食べない。

フルーツ、お酒、氷、夏野菜、アイスは生理中は食べない。

普段のドリンクには温かいものを

黒焼き玄米茶はちょーオススメ。

あとどうしても痛い時には梅肉エキス。

これで私は徐々に治ったよーーーー!

ちなみに、痛み止めを飲むと次の生理は確実にキツくなる。

痛み止めを飲み始めるとさらに痛くなってやめれない

悪循環にハマるからお気をつけて。

あっ、あと大切なこと忘れてた

布ナプキンかコットンナプキンが絶対オススメ!

量が気になって布ナプはちょっとって人は

下に紙ナプキンひいてその上に布ナプキンだとだいじょうぶ。

生理痛でお悩みの皆様ぜひ取り入れてみてーーーーーー♫

aya

 

 

LINEで送る
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

Aya Taue

湘南生まれ湘南育ち。醗酵人。 モデル、ミスユニバースを経験したのち2012年にSHONAN FARMを発足。無農薬で野菜を作るうちに、料理にも興味が湧き寺田本家の本「発酵道」をきっかけに醗酵料理の虜になる。マクロビオティック、自然療法を生活に取り入れながら望診法を学び、発酵料理屋へっころ谷で学んだのち、醗酵料理とYOGAのリトリート企画や甘酒や味噌、梅干など醗酵料理のワークショップで昔ながらの手仕事を広める活動を行っている。太陽と海をこよなく愛する発酵伝道師。