ぜったい避けた方がいい3大食品

Advertisement




SURFYOGISのカラフルなニット帽入荷してます♪ひとつひとつハンドメイドで編まれた100%ウールのニット帽。オーストラリア製。4600円(税抜)各色数量限定。
>>>こちらからどうぞ。

一週間前から完全白砂糖抜きやってます。まあ日ごろからほとんど抜けてるんだけど、バリではたまに白砂糖まみれなチョコレートとか食べてたし、とりあえず今年の汚れは今年のうちにデトックスしたい。

白砂糖抜きは、わたしの人生において大事件だった。なにしろ、白砂糖抜いただけでこんなに疲れ知らずになるとは思ってなかったから。日常生活から白砂糖入ってる物を抜きはじめて5年くらい経つけど、5年経って、白砂糖を抜くことの本質は、じつは砂糖自体の害よりも、添加物の害が抜けることなんじゃないかと思いはじめております。

というのも、やっぱり甘いモノは好きなので、フルーツを中心に砂糖自体は食べてるんですよ。そう、果物含め甘いと感じるモノと炭水化物は、体にとってはすべて「糖」でしかない。「糖」の精製度合によって処理速度が変わるだけで、肝臓やすい臓にとっては同じ。精製度合が低いほど、体への負担は減るものの、結局、全部「糖」。子供にみなさんよくフルーツジュース飲ませてるけど、あれ、個人的には精製糖ガブ飲みさせてるのと一緒だと思ってます。フルーツをまるごとそのまま食べさせてないなら、まったくただの砂糖。子供に砂糖はホントやめたほうがいいね。

では、白砂糖抜くとなぜ調子よくなるのか。本質はこちらに書きましたが、体調改善の大きな部分を占めるのが、添加物が排除されることじゃないかと思う。徹底的にやれば分かるけど、白砂糖が入ってるものを生活から抜く=添加物がほぼ完全に抜けることになる。そして、添加物抜けた体は、毒物に超敏感になっていきます。わたしの毒物センサーが反応してるものがいくつかあるのでぜひご参考にされてください。

1.缶詰
これは何度かお伝えしてますが、BPAコーティングしてある缶詰をやめたら、あの翌日の謎の体調不良はまったくなくなりました。よって、あの体調不良はどう考えても缶(BPA)だと思われます。

チリビーンズとかよく作るんですけど、最近はもっぱらこちら、iHerbのBPAフリーブランドAmy’sのもの買ってます。ツナ缶はこれ。BPAフリー、無塩、無添加、水のみツナ缶。354円。これを高いと思うかどうかはあなたの価値観次第ってとこです。そんなにバカスカ使うものでもないし、安全料だと思えばまったく高くない。

2.MSG/グルタミン酸ナトリウム/うまみ調味料
お菓子やあらゆる加工食品に書いてある「アミノ酸等」ってやつです。等ってなんだよw わたしは味の素入り食べると翌日体調が衝撃的に悪くなります。まず顔が風船みたいにパンパンに浮腫み、頭痛、だるさが夜まで抜けない。ラーメン屋行くといっつも同じ症状になるので、何年も前からラーメン屋は避けてますが、ある日、これがMSGではないかということに気づいた。

海外ではそのへんの総菜屋でも「NO MSG」を謳ってるところがたくさんありますが、日本では総菜屋のパック入り惣菜の原料見ても、どれもこれも「アミノ酸等」が入ってる。子供とかいたらわたしなら絶対買わないわ。みんな無意識すぎる。アレ、ほんと毒だから。

余談おススメ情報>>>
Warung Ginji (ワルン 銀次) バリに来たら1度は味わって欲しいナシチャンプルの食堂と No MSG について
http://canggu.blog.jp/archives/14956534.html

3.マルチトール(っていうか、遺伝子組み換え)
糖アルコールの一種で、ノーシュガー、低GIをウリにしたナチュラル系チョコレートなどによく使われてます。原料はトウモロコシやジャガイモで、ナチュラルだし血糖値上げにくいらしーので、砂糖よりいいだろうとマルチトール入りのチョコレートをたまに食べてたんですが、食べると毎回体調がおかしくなることに最近ようやく気付いた。調べたところ、原料そのものというより、遺伝子組み換え原料かもしれないところに反応してるんじゃないかと思ってます。とにかく、原料に、大豆、とうもろこしなどが入ってて、非遺伝子組み換えの表示がないものはぜったい止めた方がいい。ビールとかね。コーンスターチ入ってるやつ多いからね。お気を付けあそばせ。

低GIナチュラル糖系で体に負担が少ないのはステビアかエリスリトールですかね。甘味料についてはかなり調査したけど、エリスリトールは遺伝子組み換えのものを選ばなければ、安全性は高い。
わたしはこれ使ってます。
Now Foods non GMOエリスリトール(1134g)

全部iHerbですが。紹介コード(UBU816)で10ドルか5ドル割引になるのは今年いっぱいらしいので、初iHerbの方はぜひチェックアウトで使ってください。

最近の調査結果はこれくらいかな。変なもの食べてないから他の毒物はわかりまてん。これだけ注意しててもこっそり食べさせられるわ。おそるべし。そして食べるとかならず体が反応します。基本的には炎症反応。私の場合、一番わかりやすいのは目が赤くなって、だるくなる。あと、前日夜まで元気だったのに、起きたら具合悪くなってた。っていうのは、だいたい毒物食べたサインですね。わたしの判断基準はこれです。目覚めて気分が悪い時は、前日夜に食べたものを分析してみるといいかも。

こういう話すると、「エリティン繊細だねえ」というひとことで片づける人が多いんですけど、こちらからしてみれば、アナタの体が鈍感すぎるという話だ。そのコメント聞くたびに、こいつは話になんねーなwと思うわ。あなたの体に症状として出ようが出まいが、だれの体にとっても毒は毒に変わりない。青酸カリが誰にとっても毒なのと同じだわ。反応や症状が出ないのは、体があまりにも毒物まみれで毒に慣れてしまい、感知できなくなってるんだろうし、そういう人は解毒機能が作用してませんので、さらに毒物が体内に蓄積されてるんじゃないでしょーか。

わたしの体は毒物センサーだ。すぐに症状となって出てくれるからありがたい。なにはともあれ、缶詰・味の素(アミノ酸等)・遺伝子組み換え。この3つはまぢぜったい避けた方がいいと思うよ。


Advertisement