あたしのどうでもよい毎日のご報告

Advertisement




波もないし、しばらく実家で山籠りしてました。しかし湘南ってホント波ないな!どーなってんの。はやいとこ脱出したーい。とゆーわけで、奈良で野生とは思えない野生の鹿とふれあったり、海外移住ができない最大の理由のひとつ、宝塚歌劇見てきた。

それにしても宝塚歌劇はすばらしい。歌劇があるかぎり、宝塚の街はまちがいなく潤いつづけるわね。わたしがドはまりしてた中学時代より今のほうが明らかに人気上昇してる感満載。あの当時チケット取れないとかあんまりなかったもんなー。そして男のお客さんが増えてる。おじさんとおじいちゃんいっぱい。彼女と一緒に見に来た若者メンズもけっこういた。メンズこそ、このうつくしき世界を知ったらやめられなくなると思うわ。

今回のレビューは超豪華できらびやかで、これぞTAKARAZUKA!的なやつで、フィナーレでもすっごい羽根背負ってくれました。これ背負ってくれないとフィナーレ迎えた気がしない。

これとはわけがちがうwww

演劇とかミュージカルとか苦手。とか言ってる人こそぜひ見ていただきたい。宝塚はもはやそういう次元を越えてる。完成度が高すぎる。完全異次元。劇場そのものが異次元、舞台装置が異次元、舞台装飾も異次元、衣装が異次元、演者が異次元。ほんとにすべてがすばらしく完璧すぎる。そして、女性ってうつくしい。かつて、この劇団に男性劇団員を入れたことがあるんだけど、お客さんにやめてくれと言われ、結局女だけになって100年以上つづいてる。いっぽう歌舞伎は男だけ。こんな文化があるの日本だけじゃない?なんか不思議だね。

それから、近所には有馬温泉という最高の温泉街があるんで母と行ってみた。昼どこで食べようかって話になり、母は●●ホテルのサンドイッチでええやん。的な。どうせ食べるならなんかおいしそうなものが食べたかったのでグーグル様に聞いてみたら、なんだかおいしそうなビュッフェがあったので行ってみたら、なんとマクロビビュッフェだった。ちょーおいしかった。デザート山盛り食べてやった。マクロビって白砂糖使わないハズだけど、ホントに使ってねーのかよ?ってほどスイートだった。
機会があれば行ってみて。温泉とごはんセットコースもあるみたい。ほんとおいしかったよ。
有馬温泉 月光園 月の座

そんでからに、後は奈良で鹿と戯れてきた。東大寺の奥にあるお寺にご挨拶行ってきたんだけど、とにかく、どこもかしこも鹿まみれ。

お寺の帰りに若草山へ行ってみたら、ここも鹿まみれ。

どこ行っても鹿!鹿!鹿!そして、全員完全野生なのに、ちょーフレンドリー。摩訶不思議ワールド。ま、人間が餌付けしてるから慣れてるんだけど、それにしても何が不思議って何千頭もいる鹿が、全員ちゃんとお辞儀することだ。最初に誰かが教え、それを覚えた鹿がいるのはわかるが、それが代々鹿ファミリーに引き継がれ、大鹿も子鹿も全員お辞儀するのが不思議だわ。連絡網がだいぶしっかりしてるw

観光地として、京都に比べると奈良ってあんまりフィーチャーされないけど、かなりハイレベルな観光地だ。野生の鹿とこんなに触れあえるところは他にない。奈良最高だ。

ま、あとは実家でグダグダ猫と遊んでた。うちの猫、お手お代わりできんだ。

実家の妹二人&母は全員風邪っぴきだったが、やつらのショボいウィルスにあたしの免疫システムが負けるわけはねえと完全にタカくくってた。おととい、帰る日、朝からクシャミが止まらない。ネコアレルギーだろうと思ってたが、夜茅ヶ崎に着いたら異様にしんどいではないか。そして昨日起きたらしんどさレベルアップ。しかも頭痛いし、鼻が詰まりすぎてる。これはもはやネコアレルギーではない。完全に風邪だ!!w せっかく波上がったのに。まあショボいというウワサだったからよしとしよう。

しかし、お久しぶりにリアル風邪ひいた!おとといから始まって、昨日は夜寝る前に、8度5分まで熱出た!ちょっとうれしかった。滅菌されてる感満載だ。もちろん怪しい薬は飲まない。鼻が片方だけ異様に詰まって、もう片方がカサカサになるのがつらい。ので、ホメオパシー取ると一瞬で鼻が通る。けど、4-5時間で効力切れる。の繰り返しだった。今朝起きるとまだ頭痛かった。が、昼のある時点ですっかり治った。実家で砂糖ばっかり食べまくってたからな。解毒だ解毒。最近よく解毒されるな。

あ。そうだ。例のFLOWER OF LIFE高波動ステッカー発売いたしましたよ。
http://www.tropicofparadise.com/?mode=cate&cbid=2232764&csid=0&sort=n


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。