ニュピサイコー!!

Advertisement




この3日ほど、超変な夢ばっかみて起きる。今朝なんて、ブータンの国王をちょっとブサイクにした感じの、どっかのアジア系の国王がお妃選び的な感じで、なぜか気に入られて、かなり無理やりチューされた。一生チューできなかったらどーしよ。とか書いたとこだったけど、さっそくチューしましたw

ところで、わたし、日本波ないのでバリオフィス来てるんですが、昨日、初ニュピ体験してしまいました。バリの人はサカ暦というのに従って生活してるそうで、ニュピとはそのサカ暦の新年にあたります。サカ暦次第で、毎年3月か4月の月の見えない日になるらしい。

今年は昨日28日の新月がニュピで、前日は大晦日。オゴオゴといって、鬼や悪魔をかたどったかなりグロテスクなでっかい人形を町中引きずり回すお祭りがあります。去年か一昨年は、何も知らずニュピ前日に帰国してしまい、空港行く途中にオゴオゴパレードらしきものに遭遇しただけだったので、ちょー楽しみにしてました。

街の自治体ごとにオゴオゴを毎年作って、鼓笛隊(?!)とともに町内練り歩くんですが、近所の友達ファミリーの町内会のオゴオゴに参加させてもらいました。クタみたいに観光客だらけじゃないから、一緒に練り歩ける。

これオゴオゴ

この鼓笛隊がまたいい味出してるんだわ。このバリ的音階の楽器がかなでる不思議な旋律が、なんとも不思議なエネルギー発してるというか、めっちゃテンション上がるわけよ。

そして、新年のニュピ当日は、朝6時から翌朝6時まであらゆる活動が禁止になる。外出禁止、そして、電気つかっちゃいけない。もちろん飛行機も飛ばないし、サーフィンもできない。営業してるのはホテルだけだけど、観光客もホテルから出たらだめだし、ホテルも電気つけない。

この外出禁止日を恐れる観光客たちは、わざわざバリ島から出て他の島に行ったりするらしんだけど、いやまぢで、ありえないでしょー!このすばらしい日を体験しないなんて、ぜったいあり得ないわ!だいたい外出できない、なにもしちゃいけないっていうのに恐れをなして、みんな必死に脱出を試みるらしいんだけど、たった一日でっせ。あたしなんて放っといたら3日くらい平気で何もしないで引きこもれますわ。外出禁止とか、得意技だわ。

だってよく考えて。島中の電気が、新月に消えるんですよ。つまり、晴れたら星が大変なことになるってことじゃありませんかー!わたしはニュピの満天の星空を想像しただけでおしっこちびりそうになってたんだけど、なんとまあ、大晦日くらいまで、何日もけっこう一日中雨つづき。だけど、わたし、基本波運と星運持ってるんで、ぜったい晴れるってわかってたんだけど、やっぱ晴れたよねー!

朝から晴天。そうだ。今日は瞑想して、一日静かに自分と向き合う日だということで、わたしはドはまりしたNetflixのTHE OAというドラマを一日中見てやりましたw OAまぢヤバい。ぜったい見た方がいい。おもしろすぎだわ。

朝から聞こえてくるのは動物の鳴き声だけ。人が動いている気配がないというか、エネルギーが静まり返ってる中、OAに釘付けになってるわたしは、きづけばすっかり夜になってた。ハッ!!そろそろ星がヤバいんじゃないかと8時頃部屋の外に出てみたら。あんれまあーーー。またまた頂きましたよ。満天の星空を〜!!わたしの星運まぢハンパないわ。オリオン座がほぼどこにいるかわからないくらい星まみれ。ずっと口開けて上向いてたら、蚊に刺されまくったので、とりあえずいったん撤収。

夜明け前とかぜったいヤバいにちがいないと思って、目覚まし3:33にセットして11時頃寝た。目覚ましなった。100%起きたくない。が、星も見たい。数分眠気と格闘した結果、なんとか起き上がり、フラつきながら外に出たら、曇ってたw

こちら、SNSで拾った、当日のうつくしいバリの星空。やばくねー?まぢで。
ここから借りた
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10210086706978302&set=pcb.1274318719331734&type=3&theater

まあ肉眼ではここまでは見えないけど。しかもわたし視力0.2とかだから、たぶん普通の人より見えてない(涙。メガネメガネだわ。探してもないわ。メガネ。

いやしかしなんやろかー。先日からお伝えしてる、新たなスタート連発中の最強の新月を、このすばらしすぎるお祭りで迎えることができたとか、まぢサイコーすぎるわ。ずっとOA見てたけど、いや、ほんとに神聖な2日間だったわ。そもそも、狙ってたわけじゃないからねえ。天才すぎるわ。わたし。ニュピは毎年来ることに決定だわ。完全に。


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。