過去はわりと簡単に変えられる

Advertisement




最高気温5度というおそろしい寒さの中、3時間も海に入ってられるのは、ウェットスーツのおかげさまで、ありがとうSkillzhigh!!!あとね、このブーツ。天才。中に足先だけの靴下履いてるんだけど、脱いでもまったく濡れてない。5mmがおすすめです。そして手袋は袖口を内側に折り返して装着すると水が入りませんのよ〜!


今日は、突然ですが過去の変え方について。なんか急に降ってきたので。過去に起きたことに執着してる人があまりにも多いもんですから。過ぎ去ったことについていつまでも怒っていたり、後悔してる人多いね。わたくし今以外に興味なし、過去などという幻想にはまったく一ミリたりとも執着がございませんので、何も覚えてまてん!!w

つねづね申しておりますが過去だろうが未来だろうが、あることを思ってなんらかの感情を感じたならば、それは今起きてることになりますねん。意識の世界では過去も未来も関係ございませんので。でーすーかーらー、過去を思い出しては「なぜあんなことしてしまったんだろう」なんて思った瞬間に、「なぜあんなことしてしまったんだろう」バイブスがあなたからビリビリ出てきまして、そうなると、同じ周波数の「なぜあんなことしてしまったんだろう」バイブスと共鳴してしまいます。共鳴するとはつまり、「なぜあんなことしてしまったんだろう」と思わなければならない現実が目の前でくりひろげられることに他なりません。

どうです?後悔するような同じ過去を繰り返したい人なんていらっしゃるんでしょうかね。わたしはまっぴらお断りですが、けっこう繰り返してドツボはまってる人多いですね。忘れてしまえ!思い出すな!と言いたいところですがそう簡単にいかないし、単に思い出さなようにするだけでは、後悔バイブレーションはそのままエネルギーとして自分の中に残っているので意味がない。

変える必要のない過去をいっぱい作りてーもんだ!

過去を変える方法

そんじゃ、どうすればいいんだよって話ですが、もっとも簡単な方法は、その過去を別のものに変えてしまうのです!!過去に起きたできごとそのもの自体を変えることはもちろんできません。いや、できるんだろうけど、わたくしレベルではそれは不可能でございます。ただ、その過去のバイブレーションを変えることはできます。バイブス変換です。どやってやるかって、もうほんと、ちょー簡単に説明できます。

起きたことに感謝する。

以上でございます。

そんなこたーできねーか?いや、できる。ちょっと時間はかかるができる。だって、その過去がなければ今の自分はいないのだから。これだけでも感謝できるだろ。

わたくし個人の体験でいいますと。わたしは基本的に天下泰平人間のフリが上手でしたので、自分の中でおそろしくバラエティ豊かな感情が渦巻いてることに氣づいてなかったんですけど、数年前、24時間体制で怒りを感じさせられるできごとがあったおかげで、自分の中の猛烈な怒りと向き合うことができたのです。そのことがなければわたしは多分ずっと天下泰平のふりしつづけてたと思われます。おそろしや。で、そのおかげでわたしは大きく変化することができましたので、今となってはそのことに猛烈な感謝しか感じないのです。

感謝に変わる前は、そのできごとに対して何年経っても怒りが収まらず、思い出すたびに怒ってましたんで”その過去”は怒りバイブスにまみれておりましたが、今や感謝バイブスになりました。つまり、わたしにとってその過去はまったく別のものになったわけでございます。おわかりいただけますでしょうか。

「何が起きたとしても、それに良い悪いはない。」の典型的な例でございましょう。だって、思い出すだけで怒りを感じていたできごとが、今や(あ〜り〜が〜た〜や〜)って思えるんですよ。良い・悪いを決めてるのは自分以外のなにものでもないのです。あらゆるできごとは見方を変える=バイブス変換することが可能だということでございます。そしてそれをできるのは自分だけでございます。この方法でバイブスを変換するには、その過去と、とことん向き合うという作業が必要になります。ま、トラウマ(と思い込んでる)レベルが高いほど困難かもしれませんけど、恐れずに思い出してみて、その時感じてた感情を見つめつづけるだけだ。思い出したくない過去を思い出すのはわりと避けたいところだけど、これを避けていては、過去の呪縛から逃れることはできねー。

ビキニなどクリアランスセール70%オフ
http://www.tropicofparadise.com/?mode=grp&gid=1753289&sort=n

新着アイテム
http://www.tropicofparadise.com/?mode=grp&gid=1765609&sort=n

2018新作ビキニプレオーダー
http://www.tropicofparadise.com/?pid=126204924


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。