サーフィンきもちいい(いい波乗ってない人は読まないほうがいいw)

Advertisement




いやー、20万以上かけてエコノミークラスで飛んできた甲斐があるってもんだね。やっぱサーフィンっていいわー。一月半ばに日本帰ってきてから、こりゃいい波だった!ってのは数回だったけど、バリ来たら毎日かならずいい波乗れるわ。

見上げた空にはハートが浮かんでるとゆーおとぎの国へようこそ。昨日は、いつもお世話になってるIndigo Seaチエコの旦那はんが、「オレはつねに誰もいないとこでちょーいい波乗ってんだ!!」と豪語するポイントに連れてってもらった。っていうか、まぢ、いつも入ってるポイントのちょっと沖にあるだけなんだけど。なぜか誰も来ないポイントで。いい波だったわ。ほんとに誰もいないし。手前の人氣スポットはカオスなのに。いいとこ教えてもらっちゃった。

毎日風があんまり吹かないから、お潮に合わせていつでもサーフィンできるし。昨日の夕方も、最後の一本、それはまあいい波に乗ってしまって、おじさんたちに喝采受けながらうっほほーい!!そういえば、以前お世話になったガイドが言ってたもんな。バリくるなら4月だって。風が吹かないからいいんだって。まちがいないね。

だいたい板が調子よすぎるのですけどね。今回持って来たのはいつも頼りになるFire Wireの5’10”、Dead Kooksの5’4”ツインフィン、あと、未だ乗ってない6’8”を練習のために持って来ました。わたしは板にでっかいフラワーオブライフのステッカー貼ってあるんだけど、外人が「お!フラワーオブライフじゃん!オレはSeed of lifeのタトゥーいれてんだ。絶対いい波くるでしょその板!」って言われた。ほんと来るわ。

チャングー来たら定番!Cafe Vidaのヴィーガンソバサラダ

本日は朝3時間以上サーフィンして、帰ってきて昼ごはん食べて、ちょっと仕事して、瞑想20分、ヨガもどきストレッチ20分、昼寝20分。ちょっと仕事して、今からIndigo Seaハウスでバーベキュー。3日目だけど、すでに2日晩御飯お世話になってるという。ありがたや。

ああ。やはり波が毎日あるというのは何モノにも代えがたい。最近これといった欲求がまったくないけど、この毎日だ。わたしが欲してるのは!!飛行機代20万払った甲斐があるわ。(ということにしないとやってらんねえわ。ってハナシだけどw)しかしなんだね。サーフィンして、いい波乗った後の心地よさと言ったら、これはやった人にしかわからない世界!申しわけないけど、ほかのどんなことしても同じ感じにはならない。ヨガやっても、瞑想しても、ダンスしても(やめたけどw)、他のスポーツしても(ほとんどやってないけどw)、この感じは味わえないんだよ。あたしはね。

わたくしにはこれ以外にないんですよ。この感覚。ほどよく疲れているのにエネルギーあふれてる。サーフィンやった後はほんとにエネルギー満タン。いや、そういえばちょっと前にドロレス・キャノンさんが考案したQHHTというヒプノセラピーやったとき、自分(高次の、らしい)が言ってたけど、サーファーにはイルカやクジラとして生きてたことがある人が多くて、そういう人たちは海に入ることで莫大なエネルギーを得ているからとにかく海に入れと。イルカだったかどうかはさておき、いや、そんな氣は果てしなくするけど、サーフィンするとエネルギーが満タンになるのは疑いの余地がない。

今日も3時間ちょっと、なかなか乗れない波も多くて無駄なパドルもわりと多かったけど、入ってる間全然疲れないんだよね。朝ごはんココアだけなのに。空腹感は出てくるけど、疲れとかまったくなくて、いつまででもパドルしてられる。だから、サーフィンだけはしつこい!諦め悪すぎる。他のことにかんしての諦めのよさは誰にも負ける氣しないけど、サーフィンは諦めわるいねー。もっと〜もっと〜もっとくれ〜〜。ってなってしまいます(笑)。

なんてきもちいいんだサーフィンは。
やっぱサーフィンいいわ。
やめられないわ。

それが言いたかっただけなんだけど。そして、いる間ずーっと波ある。程よくある。いや、スマトラはちょっとデカめになりそうな氣がしないでもない・・・w


ビキニなどいろいろ入荷してまーす。これ、超使える!海の行き帰りにぴったりな水着素材のワンピース。フラワーオブライフがこっそり入ってる高波動ワンピ(笑)!無地ブラックとこちらのオリーブがあります。フリーサイズ。モデルは身長162cm。
AKASHA サーフワンピース 7900円(税抜き)
http://www.tropicofparadise.com


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。