モダン錬金術師が語る成功者の法則

Advertisement




「コンタクト」って映画を見た。1997年公開、ロバート・ゼメキス監督、ジョディ・フォスター主演。人類&宇宙人のファーストコンタクトの映画なんだけど、いろんなとこに、いろんなメッセージが隠されててめちゃめちゃおもしろかった。ゼメキスさん知ってるねえ。9/8に見たんだ。北海道の地震の翌日。ジョディ・フォスター演じる主人公が、宇宙人から受け取ったメッセージを元に、宇宙へ行けちゃうらしいマシーンを作るのだけど、そのマシーンが設置されてる場所はなんと北海道だった。人類がはじめて宇宙人とのコンタクトへと飛び立つ場所が北海道とゆうのを地震の次の日に見た。なんのシンクロー。はやく逢いたい宇宙人。でも夜中に登場するのはやめてww

始まりの宇宙の映像がまぢやばすぎるから見てみて。最初の方のBGMがまぢうるさいけど、映画見ればこの意味もわかる。音小さめでどうぞ。


そして昨日は9(20 1+8年)/9/9という、ま、宇宙的エネルギーシフトの日で、本日9/10夜中に新月迎えましたが、999はこんな日。

古いエネルギー(物質、人間関係)をすべて手放してあたらしいものを受け入れる
ひとつのサイクルの終わり。
変化、生まれ変わる、手放す。
透明性、洞察力、直感。
カルマの浄化、新たなスタートへの勇気。

9/6 北海道地震
9/8 北海道から人類初の宇宙人コンタクト!な映画
9/9 サイクル終了のポータル
9/10 新月

地震って基本的にエネルギー放出だと思っているので、この個人的な一連の流れはなんだかやっぱ新たな始まりを迎えた感満載でございます。


そんな流れの中、昨日は夜タイミングが合って現代錬金術師とごはん食べた。錬金術とは、普通の金属を金に変えようとする試みのことなんだけど、ま、ひとことでいえば、彼はど金持ち。まだ若いんだけど、この人の話聞いてると、錬金術ってほんとにあるんだなと思う。お金や豊かさに対する考え方が一般人というか、一般的な大金持ちとはかけ離れてる。人は自分の潜在意識のレベルに合った現実を経験するのだけど、彼の潜在意識がどんな状態なのか、ほんと知りたい。
そのモダン錬金術師が言ってた、成功者の法則。

「僕は基本的に成功の法則はシャンパンタワーだと思ってる。どういう意味かってーと、僕の知ってる成功してる人って、みんな自分第一なんだよ。自分の幸せ第一。幸せとか愛って、シャンパンタワーみたいなもので、一番上の自分が幸せでいっぱいになったらようやく下に流れてく。そういうもんだと思ってる。自分が100%以上でハッピーじゃないと、周りに幸せは分けられない。」

「特に日本人って、自分はさておき他人のために何かをすることがいいことだと思ってる人が多いでしょ。自分は幸せじゃないのに、人につくすことが大切だと思ってる人多い。自分から幸せが溢れてないのに人には分けられないから。」

そゆことだ。100%そゆことだ。だからわたしはつねに自分の幸せ第一。自分が幸せになるための努力は惜しまない。自分は幸せじゃないのに他人に尽くす人とかわりと多いけど、そういう人にかぎって、感謝されないと怒ったりするもんだ(笑)。それってほんとの愛じゃないから。認められたい病なだけだ。

わたしは家族から基本的にチョー自己中扱いされますけど、わたしにはわたしの幸せの基準がある。その基準には「家族や友人が幸せであること」も含まれるので、アタス基準で家族や友人の幸せのためにいろいろやってるつもりではあるんですけどね。ま、アタス基準なもんで相手のご期待に添えないことの方が多いらしーw けど、そんなこと知らねえし。受け取り方は相手次第だ。

幸せは自分からはじまる。
世界平和を望むなら、まず自分から幸せにならなきゃムリだわ。
だから地球は未だカオス。
みんなはやくしあわせになってくれ。


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。