サーフボード地獄の救世主現れた

Advertisement




は〜〜〜〜〜あ〜〜〜〜あ〜〜〜。羽田着いた。しんど。

車運転しないのに、サーフボード3本も持ってくもんで、空港から家まで、毎回わりかしおそろしいことなります。自宅最寄りの駅まではバスでなんとか到達できるんですが、駅から家が大問題。普通のタクシー乗せてもらえない。乗せてもらえたとしても、サーフボードを無理やり車内に押し込んだら、タクシーメーターがボキ!!つったことあるし、できれば大きいタクシーに乗りたい。

じつはわたくしおかかえ大きいタクシー運ちゃんがいるので、ここ一年くらいはわりと余裕こいてたんですが、昨日バリから運ちゃんに送迎お願いしたら、なんと「大変申しわけないですが、明日はおやすみです」とーーーー。こりゃ困ったが、とりあえず日本ついてから考えるしかない。

ので、とりあえず飛行機乗ってみた。今回なんと、片道ですけどけっこう安かったのでガルーダのビジネスw わたくし、飛行機あまりにも苦手すぎて、飛行機で眠れたこと多分今まで1回くらいしかないし、もーね、快適さにならお金払いますよ。そんで、せっかくのビジネスでも結局寝れねーし。だっふんだ。しかしやっぱ横になれるって快適だ。クセになるな。やべえ。稼がねばww

で、羽田着いて、とりのあえず、スーツケースは宅急便だ。どんなに荷物削ってもなぜか毎回25キロになるあたすのスーツケース。それにサーフボード3本15キロで、かならず40キロなる。お土産も預かり荷物も99.9%断るのに荷物多い。3泊旅行とかならまぢトートバッグひとつでいけるけど、ひと月以上滞在となると、普段使ってるもの色々持って行きたいですからねえ。なんとかしたい。まぢで内容物見直そ。

この人たち。手前のツインフィンは、マデウィのフジツボでガリガリ君なりましたが、チャングーのローカルリペアに出したら、おニューな穴はもちろん、わたすのテキトーなリペア跡とか、謎に取れなかった汚れとかぜーーーーーんぶ色入れて超綺麗にしてくれてお値段3000円くらいでした!テリマカシ〜〜〜

佐川のカウンターでスーツケース預けながら、サーフボードはあきませんよね?って聞いたら、「となりはやってますよ」て。え。まぢで。大至急隣のJALカウンターで聞いてみたら、3辺合計240cm以下ならおけーとのこと。何年か前からどこもサーフボード宅急便してくれなくなったと思ってたのに。「いつから再開しはったんです?」って聞いたら「え。ずっとやってますよ」て。うそーん。マンデラ効果かこれ?!w

そして測ってもらったら残念ながら270cm(涙)おねえさんが「折りたためるなら養生テープ貸しますよ」って言ってくれたけど、6’7″のハードケースに6’8”のファンボード無理やりつっこんでるから折りたたみ100%不可能。藤沢ででっかいタクシー来るの待つしかねえなと諦めかけたそのとき、すごいいいこと思いついた。

一本なら持って帰れるぞ。ショートボード2本だけでも送ってもらおう。都合よいことに、このハードケース、中にわりとしっかりしたショート1本用のケースがついてること思い出した。これに6’8”のテールを先に差し込んでみたところ、ノーズはちょっとはみでてるけどハマった!あとはショート2本のハードケースを折りたたんで240cmmにすればええ。折りたためるところ全部折りたたんで、おねえさんに再計測してもらった。残念ながら250センチだった(泣)。けど、やさしいおねえさん、荷物まみれの哀れなあたすをみて、「今回だけですよー」って引き受けてくれますた!!JAL ABC神!まぢ助かった。

というわけで、JAL ABCは3辺合計240センチまでならサーフボード運んでくれる。免責5000円弱取られるけど。ショート2本までならなんとかいけるサイズです。ロングはムリですねー。車ないサーファーほんと大変だわね。サーフボード空港運びますビジネスやったら儲かりそ。なんかそう考えると、空港出たらそこら中になんでも持ってってくれるドライバーまみれなバリって超便利だわ。ルールがなさすぎて、お金さえ払えば誰でもなんでもやってくれるミラクルアイランドww 

なんとかもろもろメイクして、Tully’sで抹茶ラテたのんだら、待ち順?111番だった^^ ツいてないようでツいてるってことにしとこ(笑)。はよ〜家着きたい。今夜は味噌汁作ってコアラマットレスで熟睡すんぞ!3日くらい寝れてないわ。


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。