ウィム・ホフ呼吸法すごいかも

Advertisement




実家の宝塚の山奥からお届けいたします。さあああぶううういいい〜〜〜。最寄りの駅より3度は寒いにちがいない!雪降れば下界はつもらないのにうちの近所はかならず積もって家でれなくなります(笑)。

妹がこれおもしろいから見てみろ。っていうのでNetflixのグウィネスパルトローのグープラボっていうドキュメンタリー見てたんですが、めちゃめちゃおもろい!!グウィネスがホストで、心と体にかんするさまざまなヒーリングや怪しいメソッドを試しまくるという番組なんですけど、いやあー。こういう番組がハリウッドスター使って出てくるっていい時代になったと思うわ。かなりアンダーグラウンドなテーマですから。


第一回目はマジックマッシュルームのお茶会(笑)。っていうとなんとも不真面目に聞こえてしまうんですが、マッシュルームをはじめ、アマゾンのシャーマンたちがスピリットと繋がるために服用するアヤワスカという植物の根を煮出したお茶もそうだし、そういうサイケデリック系のドラッグ(といってよいかわからないけど)って、トラウマや精神疾患の治療に取り入れられたりしてるんですよ。

マッシュルームのお茶飲むと1時間前後で効いてくるらしい。その効果はそれぞれで、幻覚見る人もいれば、精霊と出会う人もいれば、過去のトラウマが吹き出る人もいる。バッドトリップしないためには周りの環境がめちゃめちゃ大切です。一緒にいる仲間に支えられながら、見て見ぬ振りをしてきた過去のトラウマと向き合い、嗚咽しながら完全に感情リリースしてたお姉ちゃんとかいたけど、わたしがいう感情リリースのプロセスもわりとあれくらい激しいものが出てくることもあります。マッシュルーム食べなくてもできるけど、マッシュルーム食べた方が潜在意識の奥底に溜まったやつが手っ取り早く出てくるんでしょうね。

で、エピソード2がウィム・ホフ呼吸法。ビデオで見たことあるんですけど、その時はまったくピンと来てませんで。

呼吸法&冷水&マインドコントロールで氷張った湖とか普通に泳げるオランダ人で、それ体験しましょうの会!ウィムホフ呼吸法やってから、雪上水着ヨガ25分そして、水温三度の湖に飛び込んで泳ぐリトリートなんですけど、なんとみなさん「全然寒くない」というわけです。最後にホストのグウィネスが呼吸法やってから腕立て何回できるかチャレンジして、呼吸法前20回が呼吸法後30回になってるのみて、アタスもやってみよ!と思ってやってみたところ、効果がすばらしかったのでブログ書いてる(笑)。

こちらの動画なんですが。

このおっさんのように、思っきし吸って〜吐いて〜を30回 x 3-4セット、最後に息を吐いたらそのまま1分息止める。ってだけなんだけど、やってみた!わたくし、思いっきり息吸って2分は止められるけど、吐いてから1分はちょっとキツすぎんじゃね?と思ったんですけど、おっさん曰く、「最初でも1分〜1分半はわりと余裕で止められるはずだ」て。

息吸って〜の3セット目には頭がクラクラしてきますが大丈夫です。こないだのスキンダイビングの前の呼吸練習でもクラついたのを思い出した。そしてだいたい3セットやって息吐いてから息止めてみた。40秒あたりで、(いやいや息吐いちゃってんのにそろそろムリやろ。)と疑念が湧き、ちょっと息苦しい氣がしたんだけど、(いや。1分は余裕やってゆうてたし。っていうか、あれ。全然余裕やわ)と、まったく苦しくなかったことに氣づいた(笑)。そして1分経って、あれ。まだ止めてられるわ。って感じだったし、その後腕立て(ヒザついて)もやってみたら、たしかに30回は余裕ですた。

この呼吸法は体をアルカリに変えて、めちゃめちゃ病氣に強い体になるそーで、ウィムホフさんは、実験でO-157注射されてたけど発症しなかった。わたしたちは、本来自律神経さえも自分たちの意思でコントロールできる。ということを証明した人。わたしも最近ほんとは自分の体はすべてコントロール可能にちがいないと考えてる。例えば体調不良になるときとか、生理の日って絶対イベントに重ならない。まるでわたしのスケジュールを知ってるかのように。・・・って考えてたらある日、(いや、そらアタスのスケジュール知ってるに決まってるわ。だって自分の体やん?!)って思いまして。細胞のひとつひとつが自分の声を聞いてないわけはない。って思いません??!

わたしもこんな突発的にやってみただけで、およよ!って思うくらいだから、つづけてみたらけっこうおもしろいかも。ほんとはこの後冷水シャワーらしんですけどね。そこはちょっと遠慮しとこかな。

最近スキンダイビングづいてますけど、ダイ婆のみなさん、これ息止めるトレーニングにはめちゃめちゃいいと思います!


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。