地球の医学が理解していないウィルスの本質 -プレアデス星団タイゲタ星のスワルーによる通信 前半

Advertisement




メッセージお届けしてくれてるSsaruuさんの CG

これですこれー!これほんとに読んでいただきたいです。いやー、あれですね。宇宙人が目の前に現れることはなかなかないですが、こうして宇宙人と通信できるというのはなんとすばらしいことでしょう。

本日は、人間がウィルスと呼ぶものの正体について。チャネリング情報ではありますが、このビデオを見た直後に例のアイクのインタビューを見まして、アイクが『エクソソーム』について説明を始めたところで、鳥肌立っちまいました。

繰り返しますが、わたしはチャネリング情報を鵜呑みにすることはありません。とくに、具体性がなくて、ふわふわキラキラしたチャネリング情報はほぼ意味ないと思っておりますが、今回ご紹介するような、細部にわたって具体的なチャネリング情報には共鳴することも多いです。そして、”ほんとだからね!”と再確認させられるかのように、次に見た地球在住の人間(デイビッド・アイクインタビュー)からの情報が同じことを言っていたので、これはどちらも日本語にしなければならないと思った次第です。

わたしは宇宙人いる前提で生活してますし、このような形で彼らはわたしとコミュニケーション取ってくれてると思っております。わたしは何かが聞こえるわけでも見えるわけでもないですが、見えない存在たちはいつもなんらかの方法でわたしに真実を伝えようとしてくれてると思っています。ちなみに今回メッセージを届けてくれたキレイなお姉ちゃんSwaruuさんが住んでいるTaygeta(タイゲタ)星は、わたしが最初に転生した場所でもあり、今もわたしの6次元バージョンは、タイゲタの宇宙船で植物を扱う医者みたいなことやってるらしーです。あは。

Facebookに作ったグループは1週間で900人くらいになりました。この情報を見るためだけに、わざわざアカウント開設した方もたくさんいらっしゃいまして、ほんとうにみんさんありがとうございます。

地球では、今、何の根拠もない予測データと虚偽の数を元にロックダウンが行われ、経済活動の制限で中小ビジネスがどんどん倒れ、さらには海に近づいてはいけないという無知の極みみたいなことが行われています。恐れをベースにしているとこういうことになるのです。本当のデータは目の前にあるのに、だれも見ようともしません。代わりにテレビ、新聞、政府の情報をそのまま鵜呑みにするのです。これがどれほど危険かを理解している人が、私の周りには900人はいるということになりますが、世界の95%くらいの人はまったく理解していらっしゃらないです。

わたしのビデオ翻訳情報はパスワードで保護していますが、それは、わりとめんどくさいコメントして来る人が多いからというだけで、情報を拡散したくないからではありません。読んで重要だと思われた場合は、すべてコピペして拡散していただいて結構ですが、ブログ元へのリンクとFacebookグループへのリンクを貼ってください。

今回も長くなったので2回に分けてお届けいたします。ではどうぞ!おもしろいよー!

ウィルスとは何か
プレアデス星団タイゲタ星のスワルーによる通信

What is a Virus? Extraterrestrial Pleiadian Communication (Taygeta)

パスワードご存知の方は下のProtected Area内、Enter your password…にパスワード入力してつづきをお読みください。

ここからはFacebookグループメンバー限定の記事となります。パスワードを知っている方のみご覧いただけます。続きを読みたい方はこちらのグループにご参加の上パスワードを取得してください。かなり怪しい情報を共有するグループです。自分の常識は他人の非常識であることを前提とできない方は参加ご遠慮ください。Facebookに登録されてない方はアカウント作成してグループにご参加下さい。グループ承認後、グループページトップに【メンバー限定記事パスワード】という固定投稿がありますので、そちらからパスワード入手してください。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

地球にやさしめなオンラインショップにはエナジーアクセサリーARDANI入荷してまーす。
http://www.tropicofparadise.com

26日まで!Indigo Sea秋冬春ものセール価格からさらに30%オフ中です。

クリアランスセール一覧


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。