その2 ローラ・アイゼンハワーによるジャンクDNAとは?

Advertisement




まったく期待ゼロでサーフィン行ったら久しぶりにめっちゃいい波だったわ。サイコーw

ジャンクDNAとは?
つづきです。
パート1はこちら
https://beach-press.go-naminori.com/erinishikami/?p=15331

この記事に使うDNA画像探しながらずっと下のようなDNAの画像見てたらわかったんですけど、DNAって光の情報網みたいなもので、その光はもちろん根源的なエネルギー場と繋がってて、本来はそのエネルギー場から情報をガンガンダウンロードすることで、人間としてアップグレードしていけるはずなんですけど、エネルギー場とDNAのつながりが意図的に遮断されてるってことですね。んーまちがいない!ひでー話だなこりゃ!

で、その膨大な情報のほんの一部が人間の体を製作するための情報で、本来はその情報もいつでもエネルギー場からの情報を使って更新できるはずなんだよ。つまり、たとえば、ガンは遺伝するとかいうけど、そういう遺伝子のスイッチを切ったりとか、老化した細胞を若返らせるとか!妄想の世界!だけど、そんな話聞いたことあるよ? 俄然DNAに興味出てきた(笑)。すべての鍵はDNAが握ってるわ。ジャンクDNAとかよくそんな失礼な呼び方するわ。

ではどうぞ!

ここからはメンバー限定となります。パスワードを知っている方のみご覧いただけます。つづきを読みたい方はこちらのグループにご参加の上パスワードを取得してください。かなりあやしい情報を共有するグループです。自分の常識は他人の非常識であることを前提とできない方は参加ご遠慮ください。Facebookに登録されてない方はアカウント作成してグループにご参加下さい。グループ承認後、グループページトップに【メンバー限定記事パスワード】という固定投稿がありますので、そちらからパスワード入手してください。

メンバーの方は下のEnter your password…にパスワード入力してお読みください。

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

というわけで。最後の5分くらい訳してないですが(笑)。なかなかにおもしろいテーマだと思います。こういう情報の見極め方のひとつなんですが、真実を語る情報は最終的に「自分の内面との調和」というところにたどりつきます。なぜなら結局重要なのはそこだけだから。何度でもいいますが、地球で起きていることはすべてみなさまの内側の投影です。肉体的・靈的な調和がとれている個体の割合が増えれば増えるほど、集合意識の影響も大きくなりますので外側の世界で起きることにポジティブな変化を見ることができるようになります。

ローラ・アイゼンハワーやEdge of Wonder、コーリー、ウィルコック界隈で発信される情報に共感する理由はそこです。彼らは摩訶不思議な宇宙人や地球の歴史情報を発信してくれると同時に、とにかく内側へ向かわなければ意味がないといいます。わたしがこのビデオを訳したのもその部分が語られているからです。見極め方のひとつとして覚えておかれるとよいかと思います。

 


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。