わたしはベジタリアンでもヴィーガンでもない●●●●タリアン

Advertisement




これ、最近のヒットおやつ。マンゴーのドライフルーツっていっぱいあるけど、砂糖まみれなだけならまだしも大抵怪しい保存料入ってるので食べれない。だいたいそのまま食べてもめちゃめちゃ甘いのに、あれにさらに砂糖をまぶす意味がよくわからんが。酸っぱいやつ使ってんのかな。食べたことないから知らんけど。そんな中、信じがたいほどおいしいドライマンゴーがカルディに売ってます。原料マンゴーのみ、半生でしっとりしてて、めっちゃ甘い!これとあと、こちらもカルディに売ってるバナナチップの間になんかのジャムが挟まったおやつもめちゃめちゃおいしーい。食べちゃったから写真はない。

わたくしどうやら砂糖食べない人だと思われてるようで、お土産持ってきていただいたりするときも、「砂糖入ってますけど大丈夫ですか」ってよく氣つかっていただきます。そりゃまあ砂糖断ちとか何回もやってるから、砂糖食べない人だと思われて当然なんだけど、ほんと、まぢで、普通にわりと食べまくってるよ(笑)。

何回も砂糖断ちして砂糖の害はよくわかってるけど、もはや砂糖程度のものを氣にするレベルはとうの昔に超えたw。だからおいしいケーキ屋とか超大好きだし、砂糖にまみれたチョコレートも大好物さ。最近のヒットはカレドショコラのイチゴ味だw こないだセブンイレブンでみつけたの餅の中に生チョコ入ってるやつとか危険なおいしさだったわね。

ただひとつだけ絶対的に氣をつけているのは、ケミカル添加物です。人工甘味料とか、アミノ酸とかあのあたりは食べると如実に体調崩すので絶対避けたいです。わたしが氣をつけてるのは基本そこだけ。人工的な毒物だけです。それ以外は出されりゃだいたいなんでも食べる。ただ好き嫌いが多い人なので、食べたくないものも多いけど。肉嫌い、ぬるぬるしたもの嫌い、大人の珍味系嫌い、貝も嫌い。マックスあさり。はまぐりサイズはもうムリ(笑)。

だいたい、ベジタリアン、ヴィーガンという肩書き持ってしまうといろいろ面倒くさいですし。いやほんとは徹底できたらいいなと思うんだよ。わたしは食べるためだけに無駄に動物を殺すことには反対だから。でも、出されたら基本食べます。自分で調理したり選ぶことはないけど。プラス、厳格なヴィーガンになったらまぢで、多分まだタンパク質の取り方がわからないのでなれない。

栄養不足シリーズでお伝えしたけど、周波数測定でことごとく栄養失調、血液不足を指摘されてから、卵と魚食べる量かなり増やして、プラスビタミンサプリと例のプロテインパウダーも取り入れてみてやっぱ足りてなかったって実感してるし。つまり体調があきらかに変わったってこと。

最近よく登場するコレクトサーフのタケルコーチ(←あたしよりだいぶマニアックなメンズw)がこないだいいこと言ってた。
「ぼくフレキシタリアンですから。」
と。そーわたしは完全にこれですよ。つまり、結局フレキシブルになんでも食べるのです(嫌いなもの以外w)。ただ、自分で料理するとき、選べるときは自分の体のこと最優先するし、できるだけ環境にインパクトを与えないものを食べるようにしてます。

ただし、世の中の食がどれほど汚染されてるかわかってからここに到達するまでには、数年間なんも食べれない病にもなりましたよ。あらゆるものが毒物にしかみえない病ww そこ乗り越えたらもうどうでもええワールドが繰り広げられた。体が食べたいものをたべればええというスタイル。フレキシタリアン。めっちゃラクよ。だれとでもどこでもごはん行けるし、結局何食べてもそこに感謝があれば問題ない。変なもの食べても体はすぐ出してくれる。だからしょっちゅうお腹壊すんだろー。とゆーわけで、差し入れとか、毒物入ってなければ砂糖まみれまったく問題ないからよろしくどうぞ(笑)。

わたしの栄養不足ものがたりもよかったら読んでみて
1 慢性ミネラル不足
2 祝!ついに100%達成!
3 健康協奏曲
4 老化は栄養不足だ!おすすめサプリver.2
5 続栄養不足ものがたりーおいしすぎるプロテインサプリ

衝撃の保湿!!フランキンセンスリッチクリームクーポン10/31まで


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。