日焼け止め開発記:おじさんがいい香りになると世界がしあわせになる

Advertisement




いやあー。今年は例年に増してヒマですよw ヒマだけどもはやわたしには焦るという機能がなくなったようです。独立して6-7年目くらいまでは、10月入っていきなりド暇になるたびにわりと焦っていたもんだ。今年はさすがに全体的に売上落ちたけど、ほんとに、お金の呪縛から解き放たれたというか、お金はつねに入ってくるし、なくなることがないという100%の自信があるので焦ることがなくなったわ。


今週末の感情筋トレセミナーはお金のトレーニングですが、ヒマなおかげで、セミナーもたのしくやらせてもらってますし、来年に向けてのプロジェクトもいろいろで、最大のプロジェクトのひとつが日焼け止めなのですが、とうとうすばらしすぎるやつができてしまいました。

100%天然成分
有効成分のミネラル以外はオーガニック成分
効き目
使用感
美容効果
白浮きNG
耐水性
香り

マーヴォコーの社長に何度も何度もサンプルを作っていただきながら、このすべてを実現する日焼け止めなんて不可能なんじゃないかと一瞬思ったけど、できちゃったよね。UV Naturalを愛用していただいてたなら、かならず氣にいっていただけるものができました。

開発するにあたって目指してたのは、UV Naturalの上位機種だったんですが、これも達成できたと感じております。UV Naturalは天然成分ではありましたが、オーガニックではありませんでしたので、今回作る日焼け止めにかんしては、有効成分以外はオーガニック認証つきにしたかったのです。結果、有効成分(25%)以外の74.99%が認証オーガニック、しかもミネラル成分の酸化亜鉛ですが、探しに探してECO CERT認証つきの酸化亜鉛を使うことになりましたので、成分の99.99%が認証成分です。

ただいま絶賛ロゴ&パッケージデザイン中です。ロゴデザインってめちゃめちゃ高額なもんで、わたくしこれまで自分のブランドのロゴはほとんど自分でデザインしてたのですが、今回どうしてもイラストを入れたくて、そうなるとちょっち自分ではデザインできない。というわけで、SURFYOGISのロゴデザイナーにお願いすることにしました。オーストラリア人なんですが、バリの主要なブランドのロゴデザインなどけっこうやってる人で、とにかくセンスいい。今朝デザイン案がいくつか送られてきたんですが、ほんとにこの人に頼んでよかった!ってちょーテンション上がりました。

ステッカーがほしくなるロゴにしたい。

 

バリ島チャングーのインスタ映えスポットOLD MAN’S。このデザイナーにロゴデザインしてもらってまーす。

最大案件は値段設定です。認証オーガニック成分を使いまくっておりますので、原価が高い上に、輸入しなければならないから送料も関税もいろいろかかってしまうわけでして、普通に計算してみたらけっこういいお値段になった。しかし大容量、かつこのクオリティでこの値段だったら逆に安いかも。日焼け止めってだいたい30〜50gとかで、ナチュラル系のクオリティ高いものだと4000〜5000円しますから。日焼け止めというより、超高品質な美容クリームなので、そう考えると安いです。

販売価格比較のために、あらためていろいろなナチュラル日焼け止めチェックしたんですけど、いやー、こんなもん入れてナチュラルとかオーガニックってよくいうね!って製品がほんとたくさんあってびっくりします。サーフィン系のにもほんと多くて残念。みなさんやはり成分まで細かく見ないんでしょうね。わたしの日焼け止め、わかる人が見れば本当にすばらしい成分だとご理解いただけると思います。

今までになかったハイスペックなエコ日焼け止めにすべく、いろいろ考えてるんですが、まずリフィルができるようになります。しかもエアレス容器を使うためほぼほぼ酸化しないので、使用期限も相当長いです。そしてとにかく香りがやばーい。こんないい香りな日焼け止め絶対にないですから。おじさんがいい香りになる日焼け止め作ってる!ってともだちにいったら、
「おじさんがいい匂いになるだけで、世界は3割り増しくらいで幸せになるねw」
っていってた(笑)。

そしてさっそく次の製品サンプルお願いしてます。いろいろたのしー!お金はかかるが(笑)。補助金どうなってるんだろw


SURFYOGIS COLD CLIMATE
秋冬も氣を抜くと日焼けしてしまいます。ただいまの時期はもう秋〜春用の日焼け止めです。夏用より少し柔らかめなので取り出しやすい。5月ごろまで使えます。とりあえず、あたらしい日焼け止めできるまでこちらで日焼け対策お忘れなくー。
http://www.tropicofparadise.com/?pid=154082178


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。