ローカリズムはめんどくさいの?

Advertisement




今日は朝から天氣もぱっとしないし、さむそうだったけど海行ってみた。近所のポイントは割れてはいるけどよくないので、エクササイズがてら東の方まで走ってみたら、綺麗にブレイクしてるとこ見つけた。モモ腰くらいだし期待してなかったけど、ロングライドできるいい波でしたわ。さむかったけど。

湘南でよく入るポイントはあるけど、わたしは基本いい波探してどこまででもチャリンコで走る。そりゃあ、よく入るポイントに行けばみんな知り合いだし、居心地はいいけど、そこが良くないならわたしは居心地より波の質を選ぶわ。今年はデッカイうねりが少なかったからか、どこもわりと砂は溜まってて、ただ、いい感じに溜まってるところが日々移動するので、地形探して今年は走り回ってるわ。波乗ってる時間よりチャリンコ漕いでる時間のほーが長いかもw

「知らないポイントめんどくさい。」

ってともだちが言ってて、言った瞬間に、「やべー。オヤジ化してる証拠だ(笑)」って言ってたけど、わたしはわりと知らないポイントまったく平氣なのでどこでも入る。「女だから入れんだよ」っていわれること多いけど、知らないポイントでも、それなりのマナーがあれば男も女も関係ないと思ってるけどどうでしょ。(サーフィンしない方のために。サーフィンにはローカリズムといわれる暗黙のルールがあって。そのポイントに通いつづけて、そこの秩序を保つことに貢献してるサーファーが優先されるので、初めてのポイントに入るのはだれでもちょっとキンチョーするのだ。)

オーストラリアのキャバリタですね。ここ入ったわ(笑)。キャバリタいいとこだった。

あまり入らないポイントではとにかく鬼遠慮するし、だれがローカルかだいたい目星はつくので、ローカルが乗る波には絶対イチパドルたりとも手を出さないし、本当はアウトでセット待つのが好きだけど、知らないポイントではインサイドの誰も乗らなかった波に乗る。万一たまたま乗れそうなセットが来ちゃっても、一本目は絶対乗らないし、3本目くらいでほんとに誰も乗らないやつなら乗る。目を合わせてもらえたらご挨拶(なかなか合わせてもらえないことも多いがw)、あとはとにかくニヤニヤしてればだいたい話しかけてもらえたりする。

地元では基本同じポイントしか入らない人わりと多いけど不思議だわ。特に地形が日々変わるビーチブレイクは。探せばどっかに地形がいいところある。だから移動組とは謎のポイントでよく会う(笑)。そして知らないポイントでも何回か通えば知り合い増える。知り合い増えれば入りやすいポイントが増えるってシステム。変な行動しなければ怒られないし。わたしはわりと西から東までつねにくまなくチェックしてるから、だいたいどこがいいか知ってるよね。教えないけど〜!

わたしはローカリズムはめんどくさいって思ったことないかな。そりゃ知らないポイントの居心地よくはないけど。ローカルサーファーがいるからこそ保たれている秩序があって、その秩序乱さなければ波には乗せてもらえることの方が多い。本氣でめんどくさいポイントはそもそも入れてもらえないですし。逆に秩序ゼロのビジターオンリーなポイントに入る方が怖いわ。カオス!w

海入るととにかくシャッキリするけどーー。なんでもええけどぉーーーーモモ腰飽きたw

新商品:ARDANIヴィンテージツイストペンダントトップ

ヴィンテージデザインの数量限定ペンダントトップ。とりあえず現状各一ですが、また入荷予定あります。小さくてシンプルで存在感ある。それぞれの石のエネルギーをご確認の上、今必要なエネルギー取り入れてみてください。
シルバー925 4200円。 18金もあります。(予約オンリー)
http://www.tropicofparadise.com/?mode=cate&cbid=2679345&csid=0&sort=n


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。