神様にお願いの真実

Advertisement




んちゃー。とりあえずバイデン大統領!ってことになってるようですが、このドタバタ劇の黒幕はどうやらあのお国なようで、あのお国基準の支配となることで、監視社会の強化は免れないでしょうけど、アメリカのみなさんどんな感じになっちゃうのか経験してみるのもアリなんじゃない?(笑)。ワクチンとかアメリカは強制になったりするのかしらねえ。わたしはどのお国のトップが誰になろうがまったく関係ないところにいるので、もうどうでもいいかな。そもそもお国のトップが誰だろうが、黒幕が一掃されないかぎり一緒だわ。このお笑い劇場、はやく終了してほしいけど、同時にもうちょっとたのしみたいという感覚もある(笑)。

たまたまKindleで見つけた本がけっこうおもしろい。
イメージは物質化する

イメージは物質化する。です。本の内容はほぼわたしが実践していることなので、真新しい情報ではないんですが、いやほんとにこれさえやってればすべて自分の思い通りになるよね。って改めて思った。ちょうど日曜日に2ヶ月のセミナーが終わったのですが、2ヶ月終えての参加者に
「引き寄せとか、思考は現実化するっていう、そういう世界があるのはなんとなく理解してたけど、それがじっさいに目の前で展開されていった」
て言ってた人がいたけど、正しい方法さえ覚えれば、いわゆる「引き寄せ」はすぐに始まります。なかなか引き寄らない人は、やり方間違っているだけなのです。

これ、本の抜粋なんだけど、わたしの状態。

わたしにはほんとに、なんでこんなにラッキーなんだろうと思えることが頻発します。必要とするものや人とのつながりがすぐに目の前に現れます。自分で理解した方法を実践しているので、不思議ではあるんですが、やっぱ意識の世界ってすごいなといつも思います。だれもがこんな氣楽な生き方できれば、ほんと世界は一瞬で変わると思う。

この本にも書いてあったんですが、神社仏閣でお参りのさいにお願いごとする人も多いと思います。
●●になりますように!
って、なかなか●●にならないのは、それはお願いの方法が間違ってるから。願いごとっていうのは神様に聞いてもらって神様が叶えてくれるものだとなんとなく思ってる人がほとんどだと思うんですけど、ちがうから。

そもそも神という存在の認識がだいたい間違ってる。わたしの解釈では、神というのは宇宙のすべてを作り出しているエネルギー・叡智・インテリジェンスのことで。それは今この瞬間目の前にあるものすべてに宿ってます。人間が神と呼んでいるエネルギーは、人間の形をとることもあれば、なんとなく聞こえてきた歌だったり、急なひらめきだったり、たまたま読んだ本になって現れることもある。目の前にあるすべてがそのエネルギーでできているし、あなたもわたしもそのエネルギーでできている。

つまり、特定の神社行ってそこにいる「神様」にお願いするのも、意識と思考と感情を駆使してイメージを物質化させることも同じこと。ただ、「神様にお願い」は、夢を叶える具体的な方法をわかってない人の無意識なお願いなので叶いにくい。だったらわざわざ神社いかなくても、今その場で意識のエネルギーを使って叶える方が確実なのです。

意識を使って現実を自由自在に創造する方法については、今どきサイエンスのバックアップがいくらでもあるので、怪しいとか思ってるならほんと出遅れてるから。この本は、その方法が初心者にも大変わかりやすく説明されてる本。意識を利用した現実の創造したことない人は読んでみるといいよ。ちなみにこの本、ぜったいケリー・スレーターも読んでる。ケリーが言ってたことそのままここに書いてあった。

セミナーのまとめはまた書きますが、ものすごい変化した参加者も多数で、これはやはりわたしのライフワークだという確信が持てましたので、来年は今回のセミナーをオンライン&対面の両方で展開していこうと思ってます。

福袋予約受付中

10万円相当入りが33333円!お得すぎるビーチな福袋はこちらからどうぞ
http://www.tropicofparadise.com/?mode=cate&cbid=1877595&csid=0&sort=n


Advertisement



ABOUTこの記事をかいた人

エリツィン編集長

Beach Press編集長・水着屋・何でも屋。 20代のほとんどをヨーロッパとハワイで遊び呆け、ハワイではサーフィンに出会い人生激変。日本帰国後会社勤めを試みるも挫 折。現在は海の近くでハワイからステキなビキニや日焼け止めを輸入したり、サーフィンしたり、旅したり、サーフィン したり、旅したり、ほとんどサーフィン先日、幸せな人生のためには週20時間以上働いてはいけないとどこかで読んだので実践中。。冬は働いてません。楽しいことしてれば人生なんとかなる。念ずれば花開くは小学校からの座右の銘。笑う門には福来たる、真面目禁止、一日一爆笑が日課。ではあるが、やさぐれてる日があってもいいと42歳になって気づいた。